【ケアマネジメント スキルアップ講座】Vol.20 管理者のケアマネに求められる「鳥の目」

ダスキンヘルスレント 詳しくはこちら

スーパーバイズと人事評価はしっかり分けて

白木 裕子 氏

スーパーバイズと業務管理の両立を実現する上で極めて重要なポイントとなるのが、「人事評価とスーパーバイズは全くの別物」という姿勢を明確にし、事業所内のスタッフに周知徹底することです。その区分が不明確だと、利用者との関わり方や利用者の反応をスタッフが報告しなくなり、スーパーバイズが成立しなくなります。「こんなことも知らないと思われたら、困る」「そんな報告したら、私の評価が下がっちゃうんじゃない?」と疑心暗鬼になり、相談も報告もしなくなるわけです。

まずは「利用者に関しては、どんな報告をしても評価には関係ない。だから利用者のどんな反応もトラブルも、細大関係なく事業所全員で共有する」を、事業所内で徹底すること。もう一つ重要なのが、「スタッフの人事評価は組織人としての在り方を基準とする」を周知することです。

このページのトップへ

「個人商店の集まり」からの脱却を

白木 裕子 氏

ただし、この取り組みを徹底しようとしても、事業所に所属するケアマネ一人ひとりが「自分の担当者は自分だけの守備範囲」という個人商店の意識を持ち続けては、うまくいかないでしょう。「私の顧客」「私のプラン」という意識を取り払ってもらい、「事業所のスタッフみんなの顧客」「事業所のプラン」という意識を持つべきです。それが実現できていないと、実地指導が入った時、残すべき記録がなかったり、必要な書類が破棄されていたりと、いろいろ困ったことが起こりやすくなります。

一方、スタッフみんなが「事業所のプラン、事業所の顧客」という意識を共有できていれば、実地指導で指摘を受けることも少なくなるでしょう。先に述べたスーパーバイズも事業所の管理運営もスムーズに行えるはずです。さらに、すべてのスタッフで事業所の顧客全員を担当するという姿勢があれば、スタッフが休みを取りやすくなります。実際、私の事業所では、インカ帝国が作った遺跡で、世界遺産として知られる「マチュ・ピチュ」に旅行に行ったスタッフもいます。さらに万一、誰かが入院しなければならなくなった時などでも業務の代行がしやすくなっています。

「個人商店の集まり」から脱却し、組織化を実現できれば、ケアマネジメントの質も事業所の運営もステップアップが期待できる上、ケアマネの働き方改革にもつながるわけです。

しかし、「個人商店の集まり」からの脱却を目指そうとすると、「この利用者さんのことは私が一番、よくわかっています!」「私の業務ですから、最後まで責任を持ちます!」と、熱い想いを語りながら、組織化に反対するスタッフもいるでしょう。そうした想いや志は、とても大切です。ですが、高齢化した地域社会に内在する課題は、志一つで何とかできるものばかりではありません。ケアマネ同士や多職種が連携した「組織の力」で臨まなければならないものもあります。そして、そうした課題は今後、ますます増えていくでしょう。

組織化を進める際、主任ケアマネは、スタッフの想いや志を否定するのではなく、組織による取り組みが不可欠な時代に入ったことや、組織の取り組みを進めることが一人ひとりのケアマネにとっての働き方改革につながることを理解してもらうことに努めるべきでしょう。その際、並行して事業所としての理念を確立すれば、スタッフの理解も得られやすいでしょう。

このページのトップへ

白木 裕子 氏のご紹介

白木 裕子 氏

株式会社フジケア社長。介護保険開始当初からケアマネジャーとして活躍。2006年、株式会社フジケアに副社長兼事業部長として入社し、実質的な責任者として居宅サービスから有料老人ホームの運営まで様々な高齢者介護事業を手がけてきた。また、北九州市近隣のケアマネジャーの連絡会「ケアマネット21」会長や一般社団法人日本ケアマネジメント学会副理事長として、後進のケアマネジャー育成にも注力している。著書に『ケアマネジャー実践マニュアル(ケアマネジャー@ワーク)』など。

ダスキン ヘルスレントの紹介ページはこちら

あなたの街のダスキン ヘルスレント

ケアマネジメントスキルアップ講座

ケアマネをめぐるハラスメントの実態は?‐現場の関係者に緊急アンケート

他の講座を見る

ダスキン ヘルスレントの紹介ページはこちら
アンケートフォーム

次回以降の連載のお知らせをご希望の方は、下記にチェックを入れ、メールアドレスをご入力ください。
また、「」をご覧になった感想をぜひお聞かせください。

連載のお知らせを希望する。      

「はい」をお選びいただいた方は、メールアドレスのご入力もお願いいたします。

 例:test@test.com (半角英数)


「」をご覧になった感想(任意)