知っておきたい高齢者の食事講座

vol.4 甲府市
活発な地域の住民活動を活かし
適切な情報提供で食支援、健康づくりを推進

「自治体の食事支援の取り組みについて」の第4回は、甲府市の取り組みを紹介します。
甲府市は、2015年発表の都道府県別健康寿命ランキングで、男女とも第1位となった山梨県の県庁所在地。地域活動が活発だという地域特性があります。その特性を活かしながら、行政はどのように住民の健康維持や栄養改善等に取り組んでいるのか。甲府市福祉保健部各課の皆さんに伺いました。

今も仲間同士の「無尽(むじん)」でつながる甲府市民

甲府市の地域特性を考えてみると、2つ、大きな特性が挙げられます。1つは、公共交通がやや脆弱で、移動手段が車になりがちだということです。しかし、かといって、それで足腰が弱っているかというと、特にそのようなことはありません。これは、後述しますが、もうひとつの特性が影響しているかもしれません。

もう一つの特性は、「無尽」という仲間同士の集まりが頻繁に行われていることです。「無尽」は、もともとは住民がお金を出し合うことで互いに助け合う相互扶助の組織です。山梨県、そして本市では、今も毎月お金を積み立てて定期的に飲み会や食事会を開くことを「無尽」と呼んでいます。「無尽」による住民同士のつながり、コミュニティーが、今も保たれているのです。

また、山梨県全体でのデータになりますが、食事時間が全国的平均より長いことが示されています。「無尽」の集まりでおしゃべりしながら、ゆっくり食べる習慣があるのだと思います。

山梨県の男女、年齢階級別食事時間(週平均)
出典:平成23年 社会生活基本調査 結果報告書 ~山梨県民の暮らし~
山梨県企画県民部統計調査課 (平成24年12月)

また本市は、人口の割合に飲食店が多いともいわれています。男性はそうした場を利用した飲み会が多いようですが、地域の女性たちは、よく回り持ちで家に集まってお茶会をし、おしゃべりを楽しんでいます。これも「無尽」です。そんな「無尽」の集まりが頻繁にあることで、外出の機会も多くなります。冒頭でお話ししましたが、車社会であっても足腰の健康が保たれているのは、外出頻度が多いことが影響しているとも考えられるのです。

地域での食の支援を担うのは食生活改善推進員

食に関しては、前述の通り、ゆっくりと食事を摂っているという特徴と、課題としては、塩分摂取が多いことが明らかになっています。そのため、高齢者に限らず、減塩活動は広く市民全体に力を入れて取り組んでいるところです。

地域の食の支援活動としては、本市では食生活改善推進員(以下、推進員)の活動が活発です。本市で推進員の活動が始まったのは、1976年から。健康づくりの担い手として行政で養成講習を行い、子どもから高齢者までを対象に地域で健康づくりの担い手や食育アドバイザーとして活躍していただいています。

活動は、現在、自治会連合会31地区のうち、29地区に食生活改善推進員会があり、548人の推進員が各地区で活動しています。イベントの場で減塩について伝えたり、ひとり暮らしの高齢者の方を対象に食事会を行ったり、調理実習を行ったり、地区ごとにさまざまな活動をしています。2016年度には、本市全体で高齢者向けの活動を78回開催しました。

実は、548人の推進員のうち、65歳未満は164人で、多くが高齢者の方です。75歳以上の方も124人います。推進員としての活動を通して、ご自身が食や健康について学び、考えているわけです。地区活動によって、外出の回数も増えますし、いろいろな人との出会いもあります。つまり、この活動に取り組むこと自体が、生活習慣病予防であり、介護予防になっていると言えます。

地域の団体が連携し、住民に働きかける

本市の各地区では、推進員以外にも、民生委員・児童委員、社会福祉協議会、体育協会、愛育会(※1)など、さまざまな団体が活動しています。それも単独で活動するのではなく、団体同士の連携が密に行われています。たとえば、高齢者だけを対象とした活動ではありませんが、「健康まつり」などの地域イベントで、ウォーキングのあとで提供する料理を推進員の方が調理し、参加者みんなで食べるといった取り組みです。こうした連携により、一団体で活動するより、効果的な活動ができているとも言えます。

先ほどの話と重複しますが、これも本市で地域でのコミュニティーが残っていることが大きいように思います。自治会活動も盛んですし、老人クラブの活動も活発です。もともと地域で活動していた方が、年を経る中で違う団体での活動に移っていくこともあります。そのため、団体同士で連携がとりやすいということもあると思います。

(※1)愛育会…子どもから高齢者まで、住み慣れた地域で健康を維持しながら安心して暮らすための支援を目的に活動する住民組織。

甲府市福祉保健部

小川 忍氏(前列 右)

甲府市福祉保健部 福祉保健総室 健康衛生課課長

久保田 幸胤氏(後列 左)

甲府市福祉保健部 長寿支援室 介護保険課長

八巻 一仁氏(後列 右)

甲府市福祉保健部 長寿支援室 地域包括支援課長

高齢者の栄養摂取のポイントと「キユーピーやさしい献立」無料勉強会
キユーピー「やさしい献立」をご自宅までお届け
キユーピー「やさしい献立」 商品特設サイトはこちら
キユーピーの「やさしい献立」と提案してみませんか?
パンフレットダウンロード
かんたんアレンジ!「やさしい献立」に一手間加えたレシピご紹介します。
アンケートフォーム

このページをご覧になった感想をご記入ください。また今後取り上げてほしいテーマがありましたらご記入ください。(任意)