ケアマネジメントスキルアップ講座 高齢者に多い疾患・症状編

第二回変形性膝関節症(へんけいせいしつかんせつしょう)

どんな病気ですか?

変形性膝関節症

加齢などが原因で、膝の関節の表面を覆う軟骨がすり減り、脚を曲げる時に痛みが起こったり、膝に水が溜まったりする病気です。「ひざかんせつしょう」と呼ぶ人もいます。日本人はO脚が多く、膝の内側に負担が掛かりやすいため、老化と共に軟骨がすり減りやすいといわれています。体重が重い肥満の方や女性がなりやすいのも、この病気の特徴で、日本整形外科学会によると、発症者の8割は女性だそうです。

初期の段階では、朝起きた時や夜トイレに行く時など、膝を動かした直後に痛みが起こり、少し休むと痛みは引きますが、症状が進むと、正座や階段の昇り降りが辛くなってきます。末期には、休んでも痛みが取れなくなり、歩くことが困難になります。症状が軽いうちは、痛み止めの薬を使用したり、リハビリをしたりしますが、治療の効果が低い場合は、人工関節を埋め込む手術などが行われます。

ベテランケアマネYの目!

痛みがひどくなると、膝への負担を減らすため、普段地べたで生活をする方が、椅子とテーブルを使い始めることがあります。その際はカーペットの周りに注目。カーペットに杖が引っ掛かると、転倒する危険性もあります。寒さで筋肉が硬直する冬場は、体の動きが悪くなり、お年寄りにとって転びやすい時季。女性は骨粗しょう症を併発しているケースもあります。骨折して入院するようなことが起こらないよう、お部屋のアセスメントはしっかりと行いましょう!

福祉用具専門員への相談はダスキンヘルスレント

こんなケースありませんか!

福祉用具

持ち運びしやすい杖は、長年愛用する方が多い福祉用具の一つ。それだけに、点検がおろそかになりがちです。杖の高さはフィットしていますか? 高さが合わないと、膝への負担が大きくなったり、転倒しやすくなったりします。杖先のゴムの状態はどうでしょう? ゴムがすり減ると、杖が滑りやすくなり、転倒のリスクも高まります。すぐに交換しましょう。
何か不安を感じたら、福祉用具専門相談員がいるお店に相談してみるのも良いと思います。

福祉用具専門相談員へのご相談は
ダスキンヘルスレント

ダスキン ヘルスレントの紹介ページはこちら

あなたの街のダスキン ヘルスレント

ケアマネジメントスキルアップ講座