ケアマネジメントスキルアップ講座 高齢者に多い疾患・症状編

第四回腰椎圧迫骨折(ようついあっぱくこっせつ)

どんな病気ですか?

腰椎圧迫骨折

人間の背骨(脊椎)は、首からお尻の部分まで順に、「頸椎」「胸椎」「腰椎」「仙椎」「尾椎」と、合わせて30余りの骨(椎骨)で構成されています。腰椎圧迫骨折は、お尻に強い衝撃を受けることによって、「腰椎」の骨が折れてしまう病気です。特に、みぞおちの後方部分にある「胸椎」との境目の骨が折れやすいと言われています。

以前は、スポーツや転落事故などでお尻を強打した際に発症するのが一般的でした。最近は、骨粗しょう症を抱える高齢者に多く見られ、後ろに倒れて尻もちをつくなど、小さな衝撃でも起こるのが特徴です。骨粗しょう症の症状が重度の場合、椅子に腰掛けただけで折れることもあるそうです。

治療は、保存療法が基本です。コルセットを着けてベッドで安静にしていると、痛みは徐々に減っていきます。軽度の場合は3-4週間ほどで回復しますが、痛みが取れないなど、重度になると、手術が必要なこともあります。長期間ベッドの上で過ごすと、肺炎や尿路感染症を起こしたり、認知症が発生したりすることがあります。また筋力も低下するため、歩行訓練などのリハビリも重要です。

ベテランケアマネYの目!

腰椎圧迫骨折は、ちょっとした衝撃でも起こるため、気付いたら折れていたというケースも珍しくありません。椅子から立ち上がったり、座ったりする際にバランスを崩してしまい、ドスンと腰掛けた瞬間に折れてしまうこともあります。椅子にひじ掛けは付いていますか?トイレの中はどうでしょう?廊下に手すりはありますか?トイレに向かう途中でよろめいて、尻もちをつくことも想定されます。ご利用者の動線を確認し、住環境に不備がないか、しっかりとチェックしておきましょう!

福祉用具専門員への相談はダスキンヘルスレント

こんなケースありませんか!

室内の温度調節に注意

寒い冬場は、たくさん着込んでしまいがちなので、コルセットを窮屈に感じて、外してしまう方も多いようです。治療が止まってしまうと、痛みが取れず、余計に動かなくなるという悪循環に陥ってしまいます。訪問時のモニタリングの際は、室内の温度調節に気を付けましょう。またこの時季は、温度の急激な変化によって血圧が大きく変動し、浴槽内で失神して溺れたり、脳出血などを引き起こしたりする「ヒートショック」が多発するので、こちらも併せて注意が必要です。

福祉用具専門相談員へのご相談は
ダスキンヘルスレント

ダスキン ヘルスレントの紹介ページはこちら

あなたの街のダスキン ヘルスレント

ケアマネジメントスキルアップ講座