ケアマネジメント・オンラ
イン 介護支援専門員サイト

ログイン

もう悩まない!最適なおむつの選び方 ケアマネージャーのための大人用おむつ講座 情報提供:花王株式会社

おむつ基本講座 おむつの基礎知識や選び方をご紹介します。

腹圧性尿失禁

おなかに力が入ったときに、尿モレします。中年期以降の女性に多く見られます。

症状

くしゃみやせきをする、思いきり笑う、重いものを持つ、スポーツをする、坂道や階段を上り下りするなど、おなかに力が入ったはずみに、少量の尿がモレます。症状が重くなると、歩く、身体を起こすといった動作だけで、かなりの量の尿がモレてしまいます。

症状

原因

腹圧性尿失禁は、加齢によって、内臓を下から支えている骨盤底筋の弾力性が失われ、膀胱が下垂することが原因です。中年期以降の女性に多いのは、妊娠・出産によって骨盤底筋が大きなダメージを受けるためで、出産経験の多い女性ほど起こりやすい傾向があります。さらに、肥満していると、それだけ骨盤底筋への負担も大きいので、尿モレしやすくなります。また、女性の場合、更年期を境目に、女性ホルモン(エストロゲン)が減少することによって、骨盤底筋や尿道の萎縮が始まり、それも腹圧性尿失禁の要因になります。

対処法

軽度・中度の方は、骨盤底筋体操を続けることによって症状が改善します。3カ月を目安にして、とにかく毎日続けることが大切です。症状が重い方は、専門医の診断を受けた上で、薬物療法や手術が必要になります。

日常生活で気をつけたいこと

■外出する前、スポーツの前には必ずトイレをすませておきましょう。
■下記のような習慣は腹圧性尿失禁を悪化させる要因になります。注意しましょう。
・排尿後、ムリに尿をしぼり出す
・便秘して、いきむ
・腰周りを強く締めるガードルの着用

記事一覧に戻る