ケアマネジメント・オンラ
イン 介護支援専門員サイト

ログイン

高齢者の脱水対策には「ゼリータイプの経口補水液」で水分補給がおすすめ!高齢者の脱水対策には「ゼリータイプの経口補水液」で水分補給がおすすめ!

秋山先生に聞く「高齢者と脱水」

教えて!「かくれ脱水」委員会 秋山 正子 先生
株式会社ケアーズ代表取締役白十字訪問看護ステーション統括所長
暮らしの保健室室長
認定NPO法人maggie‘stokyoセンター長

第2回夜中のこむら返り、もしかして脱水かも!?

何かと忙しい4月。せめてふとんの中ではゆっくり休みたいものです。ところが、なぜだか春になると夜中に足がこむら返りを起こし、眠りたくても眠れない―。そんな経験をした人も多いのではないでしょうか。迷惑でやっかいな春の夜のこむら返りですが、もしかすると脱水の危険を知らせる、体からの“サイン”かもしれません。秋山さんにお話しをお伺いしました。

【無料進呈】ゼリーで水分補給、試してみませんか?

脱水がこむら返りを招くメカニズムは?

こむら返りの原因はいくつかあると言われていますが、脱水もその一つと言われています。寝ている最中に何度も足がつる。つまり、こむら返りが相次ぐようなら、脱水の一歩手前の『かくれ脱水』になっている可能性があります。

筋肉は、体の中で“貯水池”としての役割を果たしています。だから、水分(水と塩分)が不足すると筋肉の異常も発生しやすくなります。

そのメカ二ズムをちょっと専門的に説明するなら「水分が不足し、血液中にある塩分(電解質)に異常が生じることで、ふくらはぎの筋肉で異常な収縮が起こる」ということになります。

特に足の筋肉は他の筋肉より大きい上、動く機会も多いので、水分不足に伴う異常も起こしやすいのです。

【無料進呈】ゼリーで水分補給、試してみませんか?

“貯水池”が少ない高齢者は要注意!

ちなみに高齢者が、かくれ脱水や脱水になりやすいのも、体の中の“貯水池”である筋肉が若いころに比べて減っていて、体に蓄えられる水分が少なくなっているから。脱水の“サイン”ともいえる足のこむら返りですが、注意が必要な季節は、春から夏にかけてです。夜の気温が上がるこの季節には、寝ている間の汗の量も増えます。つまり、普通に寝ていても筋肉の水分が失われ、こむら返りを起こしやすい状態になってしまうのです。

例えば、のどが渇いて目が覚めてしまった時は気を付けて下さい。そんな状態で体を起こしたり、歩こうとしたりすると、こむら返りを起こす可能性があります。

【無料進呈】ゼリーで水分補給、試してみませんか?

枕元にゼリータイプの経口補水液を!

夜間の水分補給の心強い味方がゼリータイプの経口補水液です。これを枕元あたりに置いておけば、ほとんど体を動かさずに水分を摂ることができます。キャップもついているため、飲んだ後もこぼれにくい点もありがたいですね。

【無料進呈】ゼリーで水分補給、試してみませんか?

その他の記事

ゼリータイプの経口補水液のご紹介