アセスメント

第6章 アセスメント

ケアマネジメントにおいて、アセスメントはとても重要です。しっかりとしたアセスメントを行いましょう。もう一度いいますが、アセスメントはとっても重要です。

現在は以前ほど、ガリガリとMDS2.0などのアセスメントツールを使ってアセスメントをするという感じではなくなってきたように思えます。むしろ、居宅サービス計画書をしっかりと作りましょう。という流れがあるように思えます。が、本来居宅サービス計画を作成するにあたり課題や問題点の把握や個々の目標を把握していないと計画は作れません。

つまり、本来のアセスメント(以前は、アセスメントツールにガツガツ入力すること自体がアセスメントであると勘違いしていた節があるが。。)をしっかりとしましょうという良い方向になっているようです。

ですから、一定のアセスメントツールや手法・方法を偏って勧めることはなく、さまざまなアセスメント方法から導かれる問題点などを提案したものです。

具体的な問題点・長期目標・短期目標・ケア項目などについては、「業務に役立つサンプル集」コーナーで紹介いたします。

方法:必ず訪問し面接をして、解決すべき課題や目標を把握します。事前に質問項目をまとめたツールを用意しておくと良いでしょう。

大きく分けると下記の5項目の確認と把握が重要です。(居宅サービス計画書を作成するにあたり必要な必須項目です。)

1.問題点・ニーズ

2.長期目標

3.短期目標

4.ケア項目

5.サービス種類・担当者

1.問題点・ニーズ

さまざまなアセスメントツールを用いることによって問題点とニーズを洗い出します。まず、問題点がわかるとそのニーズは問題解決に必要なもの自体がニーズなので抽出しやくすくなります。

できるだけ多岐にわたる項目において包括的なアセスメントを行い、正確・確実に要援助者の問題点とニーズを抽出することが重要です。ケアマネジャーの場合、バックグラウンドが看護師、介護福祉士、薬剤師などの方がおり、それぞれに得意分野・不得意分野があります。苦手分野も漏れることなく情報を集めましょう。

(例)
ADL/排泄/コミュニケーション/行動、認知、気分/口腔ケア/栄養/医療関係/薬剤関係/IADL、家事、居宅確保/財産管理、金銭管理/住宅機器や日常生活補助機器/社会活動(孤立)/高齢者虐待/支援者(介護者)の体制

2.長期目標

何より利用者の希望を最優先にして、在宅による豊かな生活が送れるような手助けを行うことが基本です。利用者およびその家族と良く話し合い将来像を見据えることが大切です。

現在の問題・課題を克服し見えてくるもの、それこそが望むべき将来像ではないしょうか。長期的な視点を保ち目標設定を行うことが必要でしょう。

3.短期目標

短期目標は、利用者の当面の具体的な問題・課題をどうやってクリアしていくかを目標に掲げましょう。しかし、具体的なケア項目が並ぶだけ(つまり短期目標と実施に行う介護サービスとが一緒)では自己目的化を招いてしまいますので利用者とその家族にとても良くわかりやすく取り組みやすい目標設定が必要となります。

4.ケア項目

すぐに必要(最低限必要)なケア項目は利用者からの要望で出てくることが多く、現在の状況や状態に合わせて提案すれば良いでしょう。

利用者の状態・課題・問題点や介護者の要望、課題などを勘案してケア項目を抽出すべきであります。まず、どういったケア項目があるか(可能か)を利用者とその家族に説明してからじっくりと話し合いましょう。

5.サービス種類・担当者

居宅介護サービスの種類は、地域や状態によってさまざまです。現在の状況を伝えて利用者及びその家族の状況・状態に合わせた提案を行います。家族などの協力を得る場合もありますので、その場合、担当者は「家族」になります。

ただし、ここにあげられる担当者は全てサービス担当者会議にて必要と思われる情報を共有する必要があることを忘れないように。サービスを利用する場合、そのサービスを利用することにより発生する料金なども説明を忘れてはいけません。

料金や地域性、利用者の状態に合わせた現実的なサービス種類・担当者を抽出することが大切でしょう。

[POINT!]

アセスメントは、決して難しいことではありません。誠心誠意、利用者が求めていること、欲していることの本質をしっかりと理解することが一番大切です。

高性能なコンピューターシステムを使って情報をガンガン入力して問題点やニーズの抽出を行うことも良いのですが、じっくりと利用者や家族と話をして心を開いてもらうことのほうが大切ですし、むしろ効率的です。

ケアマネ業務TOPへ戻る

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

お知らせ

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
SSLとは?