ケアマネ業務 > 居宅サービス計画書_第2表_援助目標(長期目標)

居宅サービス計画書_第2表_援助目標(長期目標)

ケアマネジャーは、ケアマネジメント業務にかかるプロセスをきちんと記録することが義務づけられています。しかし、ケアマネジャーは文章作成のプロではなくケアマネジメントのプロであるはずです。記録のための文章作成に時間を掛けるより、むしろ効率よくドキュメントの作成を行い、空いた時間で少しでも利用者訪問をしたいものです。利用者およびその家族とのかかわりを深くし、利用者ニーズの本質を深く理解することが質の高いケアマネジメントへの近道です。
こちらのコーナーでは、一連の書類作成のポイントを整理し、実務面で役に立つサンプル集として提供されています。

どうぞ、コピー&ペースト(貼り付け)してお使いください。

〈POINT!〉
コピー&ペースト(貼り付け)の方法

【援助目標(長期目標)】

<居宅サービス計画書(第2表)の書き方> ← こちらをクリック

自分で車いすやポータブルトイレへ移乗できる
早期にじょくそうと湿疹が治る
血圧の変動がなく、病状が安定する
人に自分の思いを伝えることができ、精神的に落ち着く
体調に合わせた家事のリズムができる
病状管理や在宅酸素療法の管理を積極的に行い、生活に自信が持てる
ふらつくことなく安定して歩くことができる
家族と面会でき、心にゆとりができる
転倒しないで外出できる
腰痛が軽くなり、外出できる
定期受診をし、疾病管理ができ、病状が安定する
骨折しないようにする
清潔な環境で過ごせる
在宅での生活と仕事が続けられる
腰痛症が悪化せず、身の回りのことが自分でできる
居宅内での移動が安全にできる
体調が整い、血圧が安定する
新たに友人ができる
緊急時に確実に援助が受けられる
痰が容易に取れ、重症な状態にならない
きれいな体・皮膚で快適に過ごせる
車いすに座り、移動することができる
意思疎通が少しでも可能となり、言葉が出せるようになる
親の介護と仕事の両方が続けられる
肺炎予防ができる
きれいな身体で過ごすことができる
胃瘻から確実・安全に栄養摂取できる
寝たきりの状態を少なくする
かかわる人たちに意思を伝えられる
入院せず自宅での療養生活が送れる
痛みがコントロールでき、胃部不快をなくすことができる
食事によって体力をつけることができる
動悸などなく、安心して入浴できる
迅速な緊急連絡や対応ができる体制が取れる
いつでも適切な介護が受けられ、在宅生活が続けられる
区役所まで歩いて行くことができる
脳梗塞の再発を起こさない
麻痺側の上肢を動かすことができる
清潔な環境で安心して生活できる
身体の清潔を保ち、気持ちよく暮らすことができる
家族の家で安心して生活できるようになる
疼痛のコントロールができ、苦痛を少なくする
自宅の浴室でゆっくり入浴できる
人口肛門のトラブルが起こらない
病状・治療方針・予後の説明を受けながら、納得した世話ができる
身の回りのことがゆっくりでも自分ででき、不自由しない
家族の顔を見て安心できる
病気の悪化を予防し、一人暮らしの不安を軽減できる
昔から友人たちと楽しく会話ができる
徘徊による事故が起こらないようにする
促しにより排泄がトイレでできる
身体の清潔を保つことができ、おむつかぶれが治る
義歯を調整し、おいしく食事ができる
家族の元気な顔を見ることができる
家族が不在の時(通院など)も安心できる
一緒に家事ができるようになる
体の動きがよくなり、買い物や掃除が楽しみになる
お風呂に入り、心身ともにリラックスできる
脳梗塞の再発や物忘れがひどくなることを予防できる
むせることなく、飲み込みがスムーズにできる
将来の見通しが立ち、安心して毎日を送ることができる
自分の病気の特徴を理解でき、状態に合った生活ができる
室内での移動に自信が持てる
嚥下がスムーズになり、食事が楽しみになる
身体を清潔にでき、感染の原因をつくらない
電話番ができ、家族の役に立てる
安心して生活ができる
定期的に受診し、高血圧症の治療・認知症の相談ができる
物忘れによる不安が相談でき、安心できる
家の中で安全に移動できる
人と話すことが楽しみになる
介護と息子夫婦の生活が両立できる
病状を受け入れ、体調管理ができる
通院が家族の負担にならないように透析に行くことができる
日常の中で動く機会を持ち、筋力の低下を予防することができる
身体をきれいにできる
食欲が出るようなおいしい食事を食べることができる
自分で家事ができ、自宅で生活できる
在宅酸素療法の自己管理に自信がつく
下肢の筋力がつき、体動時の呼吸も楽にできる
保清ができ、爽快感が持てる
緊急時に困らないで不安なく生活できる
近所の人と自然な付き合いができる
デイサービスへ行くことができる
家の周囲を杖で買物できる
病状の安定・健康を保つことができる
清潔な身体で気持ち良く過ごせる
毎日、自分が中心になって行うべき家事がある
入院せず、家で安定した病状で過ごせる
栄養状態が改善され体力がつく。標準体重(○○Kg)に近づくことができる
長男夫婦の家に行くことができる
入浴の楽しみが味わえる
生活リズムが安定する
膀胱留置カテーテルの使用に不安がなくなり、生活に意欲が出てくる
食事がおいしく食べられる
身の回りのことに不自由なく生活できる
腰痛が軽くなり、安定した歩行ができる
近所の人と話すなかで親しい人ができる
病状が安定し在宅療養が続けられる
体力が回復し、一人で食事ができる
皮膚トラブルを起こさず、毎日気持ちよく過ごせる
ポータブルトイレへの移乗ができる
緊急時に迅速な対応が受けられる体制が整い安心する
外出の機会を持ち、メリハリのある生活を送ることができる
息切れが少なく病状が安定する
皮膚が清潔で気持ちよく過ごせる
痛みがなく歩行できる
人口肛門のケアができる
保清ができ、爽快感が持てる
転倒しないで安定して歩くことができる
ヘルパーと一緒に家事ができる
排泄管理が自分でできる
安心して一人暮らしができる
健康管理や定期受診を行い、異常の早期発見ができる
安全に入浴ができる
安全に移動する
緊急時に対応ができる
畑でできた野菜を家族で食べられる
安定した歩き方ができる
通院治療をしながら自宅で生活できる
迷った時に家に戻ることができる
人とふれあうことで精神状態が良くなる
きれいな部屋を保てるようになる
病気の不安を軽くする
安心して一人暮らしができる
糖尿病のことをよく理解でき、コントロールできる
メリハリのある生活ができる
下肢筋力をつけ将棋教室までの距離が歩ける
将棋仲間の介助を受け、将棋教室へ通える
家族が無理なく介護ができるようになる
痛みがなく、楽に体を動かせる
きれいな身体でいつも気持ち良く過ごせる
緊急連絡や対応が迅速に取れる体制ができる
きれいな部屋で生活できる
肺炎を予防し、体調良く過ごすことができる
無理なく座位がとれ、庭を見たりコミュニケーションをとったりすることができる
いつもきれいな身体で快適に過ごすことができる
家族が休養・気分転換でき、精神的にゆとりを持って介護できる
病状が悪化せず過ごすことができる
皮膚のトラブルを起こさず、気持ちよく過ごすことができる
車いすに座って外出できるようになる
再び口から食べられるようになる
昼間は起きて生活できるようになる
体を清潔に保ち、おむつかぶれができない
誘導によりトイレで排泄できる
バランスのよい食事がとれて体調が整えられる。脳梗塞が再発しない
人との交流を楽しめる
日々の生活が不自由なく遅れる
体力が回復し、生活に自信がつく
人との交流ができ、会話を楽しむことができる
糖尿病のコントロールができる
糖尿病の合併症を予防できる
一人で生活できる
歩行が安定する
会話をすることで生き生きできる
こわばりなどのリウマチ症状が悪化しない
快適な環境で生活できる
身体がきれいになり、温まる(冷え性の予防)
物忘れが進行せず、一人暮らしができる
排泄を我慢することのない生活ができる
財産管理が自分でできて安心する
病状が安定し、規則正しい生活が送れる
おむつを使用せず、トイレで排泄できる
きれいな皮膚で快適に過ごせる
介護を受ける機会が減る
健康で安定した生活を継続する
けいれん発作を起こさない
自宅浴槽での入浴ができる
自分でポータブルトイレで排泄できる
自分で食事を全部食べる
歩けるようになる
【CMO編集部】

 

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

お知らせ

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
SSLとは?