インフルエンザにかかったら --高齢者は合併症にご用心!

インフルエンザは予防が第一。前回の特集では、そんな「予防法」について解説しました。しかし、手洗い、うがいを習慣づけ、人一倍予防には気を使っていても、人ごみの多い場所へ出かけたり、家族に感染者がいたら、やはりかかってしまうことも。
ここでは、「もし、インフルエンザにかかったら」対処すべき対策について紹介します。

重症化しやすい高齢者

インフルエンザに感染して重症化するのは高齢者や乳幼児、妊婦などですが、ほかに慢性的な呼吸器疾患や心疾患、糖尿病や慢性腎臓病を持つ人など、一般的に抵抗力が低下した人がかかりやすいとされています。つまり、多くの要介護高齢者がこれに当たります。
なかにはインフルエンザの典型的な症状が出にくく、いつの間にか合併症を引き起こし、重症化する場合もあるため、急激な体調変化を感じたら早めに医療機関を受診しましょう。

重症化しやすい高齢者

高齢者が気をつけたいインフルエンザの合併症には、「肺炎」「気管支炎」など、主に気道の炎症によるものが挙げられます。肺炎は特に高齢者によく見られ、インフルエンザで弱った体に細菌などの病原によって肺炎を併発する、と言われます。高齢になればなるほど、肺炎で亡くなる確率が高くなります。万一インフルエンザにかかってしまったら、こうした合併症(二次感染)へ移行しないよう注意が必要です。

インフルエンザにかかったら

予防していても、インフルエンザにかかってしまったら、まずは早めの受診、次に他の人に移さない、そして休養。この3つが最大のポイントです。

1)早めの受診

インフルエンザは、発症して48時間以内に受診し、医師から処方される抗ウイルス薬(タミフル、リレンザなど)を服用すれば、ウイルスの増殖を抑え早めの回復が望めます。しかし、高齢者にとって高熱が出ている時期に受診すること自体が大変。インフルエンザかどうか判断しかねているうちに、早期受診のタイミングを逸してしまった場合は、病院からは抗ウイルス薬ではなく、通常の感冒(風邪)にかかったときと同様の抗菌薬や、鼻水やのどの炎症を和らげる薬などの対処療法の薬が処方されます。

抗菌薬はインフルエンザウイルスには効きませんが、熱が出て体力が奪われている状態では、他の細菌にも感染しやすくなっているため、合併症を防ぐために処方されることがあります。処方された薬は医師の指示に従って正しく服用しましよう。

2)ほかの人からうつされない・うつさない

家族にインフルエンザにかかった人がいる場合、まずは寝室で安静を保ちます。特に体力のない礼幼児や高齢者への接触は極力少なくし、家の中でも全員がマスクを着用するとよいでしょう。
要介護高齢者がインフルエンザにかかったら、受診後、ケアマネジャーや利用しているサ一ビス提供事業所に連絡を入れてもらいましょう。デイサービスなど複数の高齢者が利用するサービスの場合は、サービスの利用を控えることで、第三者への感染を防ぐことができます。

ほかの人からうつされない・うつさない

訪問介護サービスの場合も、事業所やヘルパーさんにインフルエンザにかかったことを伝えることで、事業所側もリスク管理がしやすくなります。

3)休養

インフルエンザにかかり、ただでさえも体力を奪う高熱が出ている間は、ともかく安静が第一。汗をかいたら着替え、適度な湿度を保った寝室でひたすら休養に努めましょう。
その際、水分を十分に摂取することも忘れずに。水分はただの水より体に吸収されやすいスポーツドリンクなどのアイソトニック飲料のほうが適していますが、無理に飲んでいただくよりは、お茶、ジュース、スープなど、ご本人の飲みたいものでかまいません。
また、食欲があるなら、茶わん蒸し、おかゆなど水分多めで消化のよい食事を食べていただきましょう。

市販薬を勝手に服用しない

「インフルエンザかどうかわからないけれど、高熱で苦しそうだから、とりあえず家にある家庭薬(または、以前病院からもらった解熱剤の残り)で熱を下げよう」などと、ご家族のなかには、ついこれまでの経験から判断して、手持ちの薬を服用するケースも。

実は、こうした素人判断がもっとも危険です。ただの感冒(風邪)なら、鼻水、せきなど、対症療法的な市販薬でも効果を得られることもありますが、インフルエンザには市販の総合感冒薬は効きません。また、座薬やバッファリンなど市販の解熱剤や風邪薬を勝手に服用すると、インフルエンザ脳炎やライ症候群を併発する危険があります。発熱には座薬は使わず、脇の下や首まわり、股の間など、太い動脈が走っている部分を冷やすクーリングで対応します。

室温・湿度に配慮し、二次感染を予防

冬は寒いからと、つい部屋の空気の入れ替えを怠ってしまいがちですが、換気の悪い部屋では、長時間ウイルスが浮遊する原因となってしまうので、定期的に部屋の空気を入れ替えましょう。室温は暑すぎても汗をかいて逆効果のため、20~26°C程度で調整するとよいでしょう。また、ウイルスは乾燥した環境で増殖しやすいため、室内の湿度は50~60%を保つようにします。

のどから肺へ続く気道の湿度が不足すると、気道粘膜が傷つきやすくなり、肺炎菌などの常在菌が付着しやすくなることが知られています。50~60%という湿度は、もっとも気道粘膜への加湿に適しており、インフルエンザウイルスの増殖を抑える効果があるとされています。

家族のなかにインフルエンザにかかった人がいる場合、その人の咳やくしやみにインフルエンザウイルスが含まれている可能性があるため、マスクをして飛沫を防ぎます。また、手についたウイルスから感染しないためにも、手洗いは重要です。万一、痰やくしゃみで飛んだ分泌物などの汚れを見っけた場合は、アルコールを含んだ通常の消毒薬で消毒しておくとよいでしょう。

おわりに

体力を消耗させる高熱は、免疫力や細菌やほかのウイルスなどへの抵抗力も弱めてしまいます。普段なら悪さをしない日和見細菌ですら、弱った体に入ると腹痛や下痢などの症状を引き起こすこともあります。
そして何より怖いのは、インフルエンザそのものより、時に命を奪いかねない肺炎や気管支炎などの合併症であることもわかりました。しかし「予防にまさる治療なし」とことわざにもあるように、インフルエンザに対する対処法は、やはり感染を防ぐことがもっとも重要です。
巷で大流行していたら常にマスクを着用し、できれば外出を控えるなどの対応が必要です。家族が感染していたら接触を避けるなどの決断も必要です。ご利用者のみならず、常に高齢者と接触するケアマネジャーや介護従事者も、十分な予防体制を敷きましょう。

インフルエンザと風邪の違い

  インフルエンザ 風邪
種類 インフルエンザウイルス(A型、B型、C型) ライノウイルス、コロナウイルス等
感染経路 空気中に飛び散ったウイルスが鼻やのどに入ったり、ウイルスが付着した家具などに接触した手から感染する。 空気中に飛び散ったウイルスが鼻やのどに入ったり、ウイルスが付着した家具などに接触した手から感染する。
発病 急激に発症 ゆっくり発症する
症状 38~39°C以上の高熟、頭痛、関節痛、筋肉痛など全身症状が強く、重症化する。 のどの痛み、くしやみ・鼻水、咳、微熱など、全身症状は弱く、重症化は少ない。
流行時期 流行性。例年12月~3月下旬、地域での流行情報で確認することが大切。 散発性。冬に多い風邪は、密閉された部屋の乾燥により、のどの粘膜の脱水が原因で起こしやすい。また、疲労やストレスの蓄積によっても風邪をひきやすい。
期間 通常が6~7日位(発病後3日くらいが一番感染力が強い) 通常5日~6日位だが、長引くことあり。
合併症 気管支炎、肺炎など 少ない
感染したら
  • 48時間以内に医療機関を受診する。
  • 抗ウイルス薬を服用する。
  • 安静、休養、十分な睡眠、保温、水分補給。
  • 症状に合わせた薬を服用する。
  • くしやみや鼻水、咳が2日以上続く場合は受診を。
  • 水分補給、休養をとり、厚着をしない。
このページのトップへ

認知症支援は家族も視野に入れて!

9月21日は世界アルツハイマーデー。1994年に「国際アルツハイマー病協会」(ADI)と世界保健機関(WHO)が共同で制定しました。この日は、世界中でアルツハイマー型認知症の啓発活動を実施しています。

わが国でも「認知症の人と家族の会」などが中心となって、講演会などを主催し、認知症への理解を呼びかけています。今回は、もうすぐやってくる世界アルツハイマーデーにちなんで、認知症ケアについてお届けします。

現在の状況を見極め必要な支援を

2012年6月、国の今後の認知症施策の方向性が示されました。社保審委員が「今年は認知症元年」と形容していたように、これまでバラバラだった医療・福祉の認知症対策を一本化、連携して地域で認知症の人を支える仕組みを構築しようというものです。
その中には、介護する家族に対する支援や、医師の認知症対応力の向上なども含まれています。
ケアマネジャーは、「ふさわしい介護サービスの整備」をどう整えるかが腕の見せどころ。そのためにも、より一層、認知症の人に対する理解を深めることが必要となってきます。

現在の状況を見極め必要な支援を

認知症の人の状態を把握するために、皆さんはアセスメント時に「IADL」(日常生活関連動作または手段的日常生活動作)の尺度や、認定調査時の「認知症高齢者の日常生活自立度」を重要視していると思います。認知症の症状が進行するほど「IADL」が低下し、これまでできてきた日常生活上の複雑な動作――買い物や洗濯、服薬、金銭管理、乗り物に乗るなど――ができなくなってきます。

しかしアセスメントやモニタリングの場で、ケアマネジャーがご利用者の「IADL」を実際に確認することは難しいかもしれません。代わりに、支えるご家族の話をよく聴き、独居の方の場合は、ご本人の状態や家の中の様子を観察して判断していることと思います。
ご家族がケアをしている場合は、ぜひ「ご家族の悩みやストレス」にも耳を傾けていることでしょう。

服薬管理は家族ストレスの2位!

認知症の場合、その多くはまだ「治る」治療法が見つかっておらず、認知症の6割以上を占めるアルツハイマー型認知症も、病院の治療目標は「服薬しながら生活機能を一日でも長く維持すること」になります。そのために、症状の進行を緩やかにする服薬は欠かせませんが、認知症が進行すると「正しい服薬」自体が困難になってきます。

アルツハイマー型認知症家族介護者300人に実施した調査によると、介護者にとって最も大きなストレスのトップは「単純な会話や指示が理解できない」で32.2%。次いで、「正しい時間に薬を飲めない/正しい用法・容量で薬を飲めない」が17.1%、「介助がないとベッドやトイレの場所がわからない」12.4%となっています。みなさんが担当されている認知症のご利用者のご家族も、このようなストレスで介護疲れの状態になってはいないでしょうか。

アルツハイマー型認知症における「生活障害」に対する介護ストレス

介護保険制度の要介護認定に用いられる「認知症高齢者の日常生活自立度」では、「服薬管理ができない」状態は、IIbに当たります。

服薬管理は家族ストレスの2位!

この状態になる頃には、ご家族はすでに疲弊しています。心身ともに疲れて果てて知らず知らずのうちに言葉による虐待や拘束など、ご家族・ご利用者双方にとって不幸な結果にならないよう、ケアマネジャーは常に配慮する必要があります。

服薬管理を例にとれば、幸いにもアルツハイマー型認知症の治療薬は、2011年に一挙に種類が増え、作用機序の異なる治療薬も登場しています。また、かつては経口剤のみでしたが、現在では使用する人の状態によってゼリータイプや口腔内崩壊錠、貼るタイプのもの(パッチ剤)など、形状もさまざまです。パッチ剤であれば、風呂あがりに背中など、ご利用者自身には見えないところにご家族が貼ってあげるだけで済み、「服薬困難」というストレスが一気に解消します。

その他のストレスに対しても、通所やショートステイを日常的に生活に組み入れ、場合によっては小規模多機能居宅介護の利用も検討しながら、ご家族の介護負担が少しでも軽減できるよう支援します。また、介護保険サービスだけでなく、地域の「認知症サポーター」受講修了者や民生委員、家族会、市民後見人など、さまざまな社会資源が地域でどのように機能しているかを調べてご家族に紹介するなど、決して孤独でないことを知っていただくのもポイントです。

このページのトップへ

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

お知らせ

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
SSLとは?