<施設運営>厳冬予想の今冬も節電要請――厚労省


2012/12/11 18:00 配信   | 行政ニュース

厚生労働省老健局高齢者支援課は11月、全国施設に宛て今冬の節電に関する協力を要請する事務連絡を行った。

これから電力需要が高まっていく冬場の対策として、11月2日には電力需給に関する検討会合/エネルギー・環境会議合同会合が開催され、「今冬の電力需給対策について」が決定された。

その結果、今冬の電力需給の見通しは、厳冬となることを想定した上で、いずれの電力管内でも瞬間的な需要変動に対応するために必要とされる予備率3%以上を確保できる見通しだが、火力発電所等の計画外停止が発生するリスクがあり、予断を許さない状況であることに留意すべきとされた。そのため、具体的な数値目標は設けないが、各位節電を意識した運営を心がけたい。
ただし、被災地や高齢者等の弱者に対して、無理な節電を要請することがないよう、配慮を行うこと。

また、北海道電力管内については、冬季の北海道の特殊性を踏まえ、電源脱落リスクに備え、12月10日から3月8日の平日、「数値目標(平成22年度比▲7%以上)付の節電」を要請することが決まっている。

■節電要請期間・時間:平成24年12月3日(月)~平成25年3月29日(金)の平日(12月31日及び1月2日~4日を除く)
9:00~21:00(北海道電力及び九州電力管内については8:00~21:00)

◎冬季の節電メニュー(事業者別)


ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部 樋口】

この記事を印刷する

スキルアップにつながる!おすすめ記事

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • 尿臭、食べこぼしのシミ…介護のお洗濯の悩みを解決!
  • ケアマネに必要な高齢者への「食事」の支援方法
  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載
  • 食事でお悩みのご利用者に。少量でしっかり栄養補給
  • 健康と笑顔をつくる3時間リハビリ型デイサービス

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください

広告掲載・マーケティング支援に関するお問い合わせはこちら >>

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます