<国家政策を両断!>『長生きって迷惑ですか~介護制度の課題と試案』発行


2012/12/18 13:00 配信   | 業界ニュース

幻冬舎は、高齢者福祉の今と将来を厳しく指摘した『長生きって迷惑ですか~介護制度の課題と試案』を発行した。

日本の65歳以上の高齢者人口はついに3,000万人を突破した。現在の政府・厚生労働省は、「施設介護から在宅介護へ」という方針を打ち出し、介護予防、地域包括ケア、24時間訪問サービス等に力を入れている。しかし、これでは「介護地獄」への逆戻りが心配され、質の高いケアは実現できない。

「今の日本の介護システムでは誰も幸せになれない」と断言する著者は、医師として、また、特別養護老人ホーム、老人保健施設の診療所長、施設長としても高齢者介護に携わってきた野間 昭夫氏。長年、介護現場を直視してきた著者が、その実態と問題点を指摘し、打開策を提言する。



■書名:『長生きって迷惑ですか~介護制度の課題と試案』

■著者:野間 昭夫

■目次:
序 章 政府案「社会保障と税の一体改革」を考える
第一章 現代の高齢者像と福祉の歴史
第二章 介護保険制度とは何か
第三章 これが介護施設の現状だ
第四章 認知症とその専門老健施設
第五章 これからの介護施設はどうあるべきか
第六章 介護保険制度改善への提言

■定価: 880円 (税込)

■仕様:新書/250ページ

■発行:幻冬舎

◎幻冬舎

■関連記事
・日本の高齢化率は22.6%、出生・死亡者数ともに最高
・世界に例を見ない高齢化率の日本、要介護者が急増し介護の担い手の負担も増加——内閣府


ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部 出島】

この記事を印刷する

スキルアップにつながる!おすすめ記事

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • 介護業界の“旬の話題”について、専門家が解説
  • ケアマネに必要な高齢者への「食事」の支援方法
  • 尿臭をすっきり消臭!「アタック消臭ストロング」プレゼント
  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供
  • 健康と笑顔をつくる3時間リハビリ型デイサービス
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます