<記憶力低下予防>「コムギ末粉抽出物」の脳機能に対する効果を実証――ファンケル


2013/01/23 14:30 配信   | 業界ニュース

健康食品・サプリメントの株式会社ファンケルは、コムギ末粉抽出物に、脳梗塞軽減や加齢に伴う記憶学習能力低下を抑制する作用があることが明らかになったと発表した。

コムギの末粉は通常食用とされず、工業用の糊のりや畜産飼料として用いられている。同社では、このコムギ末粉を有効利用しようと考え、コムギ末粉抽出物が脳機能の低下に対してどのような影響を及ぼすかを研究テーマとして進めてきた。
今回、研究内容の一部を、麻布大学獣医学部の菊水健史教授と共同研究し、同社独自素材のコムギ末粉抽出物による脳機能改善効果について検証した。その結果、コムギ末粉抽出物には、脳梗塞軽減や加齢に伴う記憶学習能力低下の抑制という脳保護および脳機能改善作用を持つことが明らかになったという。

【研究の概要】
■研究の方法
1)脳梗塞軽減:マウスにあらかじめコムギ末粉抽出物を含有した餌または含有していない餌を与え、その後、脳梗塞手術を施した時の脳梗塞の程度を比較した。

2)記憶学習能力低下の抑制:老齢のラットに1カ月間コムギ末粉抽出物を含有した餌または含有していない餌を与え、記憶学習能力がどのように変化するかを比較した。また、加齢に伴い低下し、記憶学習能力の向上に関係すると考えられる「神経新生」も比較した。

■研究の結果と考察
1)脳梗塞軽減:あらかじめコムギ末粉抽出物を含有した餌を与えた場合、与えてない時に比べ、脳細胞が壊死した部分である脳梗塞巣が減少し、脳梗塞の程度が軽減した。

2)記憶学習能力低下の抑制:コムギ末粉抽出物を含有した餌を与えた場合、与えていない時に比べて、加齢に伴う記憶学習能力の低下を抑制した。また、コムギ末粉抽出物を含有した餌を与えた場合の方が、神経新生を促すことも分かった。

以上のことから、コムギ末粉抽出物には脳保護効果および脳機能改善効果があることを確認した。コムギ末粉抽出物を摂取することで、脳梗塞を予防する効果や加齢に伴う物忘れを軽減する効果が期待できるという。

◎株式会社ファンケル

■関連記事
・よりヒトに近いマウスの脳で認知症の原因を追跡——理化学研究所
・ネコもアルツハイマー病になる?――東大が研究発表


ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部 土倉】

この記事を印刷する

スキルアップにつながる!おすすめ記事

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供
  • 介護業界の“旬の話題”について、専門家が解説
  • ケアマネに必要な高齢者への「食事」の支援方法
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載
  • 健康と笑顔をつくる3時間リハビリ型デイサービス
  • 尿臭をすっきり消臭!「アタック消臭ストロング」プレゼント

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます