【12月6日放送】親子で紡ぐ“認知症”漫画―NHK Eテレ ハートネット


2012/12/05 13:00 配信   | 業界ニュース

NHKのEテレ「ハートネット」では、12月6日に「みつえとゆういち ―親子で紡ぐ“認知症”漫画―」を再放送する。

番組で取り上げるのは、還暦を過ぎた息子が、認知症の母を介護する日々をつづった『ペコロスの母に会いに行く』という1冊の漫画だ。作者は、長崎在住の漫画家・岡野雄一さん(62歳)。老いて記憶を失ってゆく母・光江さん(89歳)の変化をありのまま受け止め、その姿を愛らしいタッチでユーモラスに描いている。作品は思わぬ反響を呼び、映画化されることが決まり、2013年夏の公開を目指して、今年85歳になる長崎出身の森崎監督の手によって、この9月から撮影も始まっているという。

番組では、認知症とどう向き合えばよいのか、記憶を失いながら生きるとはどういうことなのか、そもそも記憶とは何なのか、自身も認知症の介護の経験がある作家の田口ランディさんとともに、岡野さんの漫画が問いかけるメッセージをひもとき、認知症介護のあり方を見つめ直していく。

■放送日時: 12月6日(木)13:05~13:34

■出演:岡野 雄一さん(漫画家)
田口 ランディさん(作家)
漫画朗読:岩松 了さん(劇作家・演出家・俳優)、赤木 春恵さん(俳優)

■放送チャンネル:NHK Eテレ

NHKEテレ


ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部 齋藤】

この記事を印刷する

スキルアップにつながる!おすすめ記事

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載
  • 健康と笑顔をつくる3時間リハビリ型デイサービス
  • ケアマネに必要な高齢者への「食事」の支援方法
  • 介護業界の“旬の話題”について、専門家が解説
  • 尿臭をすっきり消臭!「アタック消臭ストロング」プレゼント
  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます