<健康な食生活>コーヒーが体脂肪を減らす――花王


2012/12/27 13:00 配信   | 業界ニュース

花王株式会社と生物科学研究所は、コーヒー豆に含まれるポリフェノールの持つ生理機能と、焙煎によって生じる成分との関係について調べたところ、血管を丈夫にし、体脂肪を減らす作用があることをつきとめた。

コーヒー豆に含まれるポリフェノール(クロロゲン酸類)には血管内皮機能を改善する作用を見出し、また、血圧がやや高めの方を対象とした試験では血圧改善が認められた。同時に、この作用を十分に発現させるためには、焙煎工程で生じる酸化成分(ヒドロキシヒドロキノン)を低減させたコーヒーが有効であることを明らかにした。

このコーヒーを用いてBMIが平均27.7の方を対象とした試験により、クロロゲン酸類が体脂肪や体重を低減する作用を有することを見出した。クロロゲン酸類の継続摂取によりエネルギー消費、特に脂質燃焼量が有意に増加することが確認されていることから、体脂肪の低減は体内での脂肪消費を高める作用によるものと考えられる。

これらの研究成果は世界のコーヒー関連研究者が集う第24回国際コーヒー科学会議において発表された。同社は、今後、クロロゲン酸類の機能や焙煎で生じる成分の影響についてさらに詳細な研究を進めるという。

花王

■関連記事
・コーヒーをよく飲む人は肝がんリスクが低い——厚労省研究班調査
・伊藤園、緑茶中の成分「テアニン」が認知症予防に効果的と発表


ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部 樋口】

この記事を印刷する

スキルアップにつながる!おすすめ記事

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載
  • 介護業界の“旬の話題”について、専門家が解説
  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供
  • 尿臭をすっきり消臭!「アタック消臭ストロング」プレゼント
  • 健康と笑顔をつくる3時間リハビリ型デイサービス
  • ケアマネに必要な高齢者への「食事」の支援方法

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます