<大介護時代への提言書>『大介護時代を生きる』発行


2013/02/12 12:00 配信   | 業界ニュース

中央法規出版は、これから迎える「大介護時代」に向けての提言書、『大介護時代を生きる~長生きを心から喜べる社会へ~』を発行した。

超高齢化少子社会の道を走り続ける日本。誰もが介護にかかわる時代がやってくる。まさに「大介護時代」の到来であり、ケアも総力戦となる。同書では、重厚長大化する介護の現状を分析するとともに、地域での取り組み例なども紹介し“介護のある暮らし”をどう支えるかを解説している。

著者は、NPO法人「高齢社会をよくする女性の会」理事長、樋口 恵子氏。「大介護時代は、介護を人々と分かち合い、家族は介護に一定のエネルギーを注ぐとしても、自分自身の仕事と志と人間関係を失わないよう“ながら”介護でいこう、と言える生き方をこの世に定着させたいと思う」と著者。

さらに、ケアを通して、また新しい出会いがある。老いという弱さを認め合いながら、支え合う方法を、人々をつなぐ方法を考え、見つけることができたら、老いがもつ脆弱性は、社会全体のしなやかな強靱性に転換可能ではないか。そんな希望のささやきを、著者は今の社会の動きの中から、できるだけ聞き取ろうとして書き上げという。

誰もが幸せに長生きするために、“介護のある暮らし”をどう支えるか。これからの時代に最も重要な課題といっていいだろう。



■書名:『大介護時代を生きる』

■著者:樋口恵子

■目次:
はじめに――大介護時代は「ながら」介護で

第1章“福祉の国”“重税の国”を訪れて

第2章大介護時代のケアは総力戦で

第3章大介護時代の到来

第4章家族が変われば介護も変わる

第5章聞こえてくる希望のささやき

おわりに――たいへんですが初代の自負を

■定価: 1,680円 (税込)

■仕様:四六判/240ページ

■発行:中央法規出版

◎中央法規出版

■関連記事
・女性の約4割「配偶者の介護したくない」――介護に関する意識調査
・「自分の介護の準備していない」——第一生命経済研究所調査


ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部 出島】

この記事を印刷する

今日は何の日?

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • 知っておきたい高齢者の食事講座
  • ご利用者の床ずれ防止をマットレスから考えてみませんか?
  • 健康と笑顔をつくる3時間リハビリ型デイサービス
  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供
  • ご利用者様の重大事故防止のためご確認をお願い致します
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます