<在宅医の本音>『胃ろうという選択、しない選択 「平穏死」から考える胃ろうの功と罪』発行


2013/02/01 09:00 配信   | 業界ニュース

セブン&アイ出版は、終末期を迎えた患者の胃ろうについて考えた一冊、『胃ろうという選択、しない選択 「平穏死」から考える胃ろうの功と罪』を発行した。

近年、新聞やテレビで「過剰な延命治療」と取り沙汰される「胃ろう」。種々の病気で、口から食べられなくなったり、嚥下機能が落ちてきた人には、胃に小さな孔(あな)を開け、管を通し、胃に直接栄養剤を注入する人工栄養法を医師はすすめる。この胃からの経管栄養法が「胃ろう」だ。胃ろうをいったん増設すると、胃ろう栄養の中止は容易にできない。中止は、死に直結するからだ。

同書では、胃ろうは「過剰な延命治療」なのか、人生の終末期に突然求められる「胃ろう」という提案に、患者と家族はどう答えるべきかなど、 胃ろうの何が問題なのかを考える。胃ろうを単純に否定するのではなく、こんな考えかたや捉え方もある、と読者自身が考えられる内容となっている。

著者は、長尾クリニック院長の長尾 和宏氏。終末期のお年寄りたちが直面している、胃ろう問題の現実を、500人を在宅で看取った現役医師が訴える。



■書名: 『胃ろうという選択、しない選択 ~「平穏死」から考える胃ろうの功と罪~』

■著者:長尾和宏

■目次:
はじめに あなたは「胃ろう」をご存じですか?
第1章 今、「胃ろう」の何が問題なのか――
第2章 病院はなぜ、胃ろうをすすめるのか?
第3章 ハッピーな胃ろう、アンハッピーな胃ろう
第4章 胃ろう生活Q&A 質問の多いこと
第5章 「平穏死」から考える、胃ろうの功と罪
おわりに どう生きるか、何を優先するか?

■仕様:B6判/240ページ

■価格:1,575円(税込)

◎セブン&アイ出版

■関連記事
・<胃ろうは罪か>『「平穏死」という選択』石飛幸三著 発刊 
・<胃ろう反対!>先進国の多くが胃ろうによる延命を止めた真意は?――石飛幸三氏講演会レポ 


ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部 出島】

この記事を印刷する

今日は何の日?

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • 健康と笑顔をつくる3時間リハビリ型デイサービス
  • 知っておきたい高齢者の食事講座
  • 住宅改修の正しい知識で、自立支援につながるプランを
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載
  • ご利用者の床ずれ防止をマットレスから考えてみませんか?
  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
SSLとは?