<勤怠管理システム>介護事業所のシフト管理に役立つタイムレコーダー発売


2013/02/27 12:00 配信   | 業界ニュース

ソニービジネスソリューション株式会社は、介護サービス業のシフト作成などに役立つ、勤怠管理システム「インターネットタイムレコーダー」の無料コンサルティングキャンペーンを3月31日まで実施する。

インターネットタイムレコーダーは、非接触型ICカードのための通信技術FeliCaを使った勤怠管理システム。インターネットを通じてビジネス用アプリケーションをレンタルするASP方式のため、システム開発やサーバー管理が不要。インターネットに接続したパソコンとFeliCaポート、FeliCa対応のICカードのみで利用することができる。
インターネットタイムレコーダーでは、日々の勤務実績をデータで蓄積して一元管理するため、タイムカードや手書きの勤務表のような手作業の集計や記入の必要がない。集計作業も自動化できるため、データに基づいた人員配置を検討することができ、ミスも激減するという。このため、適切な人員配置が必要な介護事業所で活用されやすいとしている。

■介護事業所に役立つとしている理由
・適正な人員配置が求められており、毎月の人件費を考えてシフト作成する必要がある。
・定期的な監査のため、データをまとめる必要がある。
・訪問介護で施設に立ち寄らないスタッフが後日勤務時間を申請するのに手間がかかる。
 また、管理者は申請が正しく行なわれているか判断しにくい。

■料金:
月額利用料金5,250円(税込)
初期費用31,500円税込)

■問い合わせ先:
TEL 0570-006-006  携帯電話・PHS・IP電話用TEL03-5715-1270
平日9:00〜18:00

◎ソニービジネスソリューション株式会社
http://www.bit-drive.ne.jp/itr/

■関連記事
・人員配置違反、虚偽報告で訪看ステーションが業務停止——大阪府
・不正請求や虚偽の人員配置などで4介護事業所の指定を取消——徳島


ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部 土倉】

この記事を印刷する

今日は何の日?

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • 知っておきたい高齢者の食事講座
  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載
  • ご利用者の床ずれ防止をマットレスから考えてみませんか?
  • 住宅改修の正しい知識で、自立支援につながるプランを
  • 健康と笑顔をつくる3時間リハビリ型デイサービス

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます