<被害300億円超!>振り込め詐欺被害者の6割が60歳以上の女性――警察庁


2013/02/20 09:00 配信   | 行政ニュース

警察庁は、2012年に認知・検挙した振り込め詐欺の被害状況について公表。2012年の被害額が363億円にも上ることが明らかになった。年間で300億円を超えたのははじめで、過去最悪を更新した。

振り込め詐欺とは、オレオレ詐欺、架空請求詐欺、融資保証金詐欺及び還付金等詐欺などのこと。このうち、被害総額が最も多いのが「オレオレ詐欺」で113億円を超える。

また、2011年にはおよそ2億5千万円の被害総額だった「還付金等詐欺」は、2012年には約11億3千万円に増加した。還付金等詐欺とは、市町村の職員などを装い、税金の還付などに必要な手続きを装って被害者に現金自動預払機(ATM)を操作させ、振り込ませる手口のことだ。

このほか、「架空請求詐欺」も、2011年の被害総額10億3,815万円から、2012年には31億3,180万円へ、増加した。

オレオレ詐欺にしても、架空請求詐欺、還付金等詐欺にしても、被害対象となりやすいのがやはり高齢者だ。被害者の年齢構成をみると、振り込め詐欺全体において、70歳以上が53.7%と過半数を占める。また、60代も26.8%と多い。男女別に見ると、男性が25.7%、女性が74.4%と、女性が多いことも特徴だ。特に60歳以上の女性で全体の6割を占めており、こうした被害の対象になりやすいことを、本人も、そして周囲も注意しておく必要があるだろう。

◎警察庁
http://www.npa.go.jp/

■関連記事
・2009年の振り込め詐欺被害は約100億円、警官名乗るケースも——警察庁
・2010年の振り込め詐欺被害、全国の4分の1が東京都で発生


ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部 橋口】

この記事を印刷する

今日は何の日?

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • 住宅改修の正しい知識で、自立支援につながるプランを
  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供
  • 知っておきたい高齢者の食事講座
  • 健康と笑顔をつくる3時間リハビリ型デイサービス
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載
  • ご利用者の床ずれ防止をマットレスから考えてみませんか?

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
SSLとは?