<介護フランチャイズの取り組み>茶話本舗、訪問介護・居宅介護支援事業に参入


2013/03/08 12:00 配信   | 業界ニュース

小規模デイサービス(通所介護)の「茶話本舗」事業を展開する、株式会社日本介護福祉グループは、新たに訪問介護及び居宅介護支援事業に参入すると発表した。
まず、6月に1号店を直営事業所に併設する形で開設する予定だという。

厚生労働省は、介護サービスの基盤強化のための介護保険法等の一部を改正する法律の概要において、高齢者が地域で自立した生活が営めるように医療、介護、予防、住まい、生活支援サービスが切れ目なく提供される「地域包括ケアシステム」の実現に向けた取り組みを進めるとしている。その一環として、医療と介護の連携強化により要介護者への包括的な支援の推進についてもうたっている。

同社は、今回、デイサービス「茶話本舗」事業所を核として多機能化を図り、地域包括ケアシステム構想における地域拠点となるべく、同施設に併設する形態で訪問介護及び居宅介護支援事業に参入。訪問介護・居宅介護支援を提供することで、デイサービスを利用する前の軽度者と、重度化して通所できなくなった要介護者を対象にした幅広いニーズに対応できるようになるため、利用者を包括的に支援する体制が可能になる、としている。

すでに同社は、1月に「訪問・居宅事業部」を設け、新規事業実現に向けての取り組みを進めている。2014年3月31日までに直営8拠点、FC事業所で2拠点の開設を目指すとしている。さらに、将来は医療機関との連携を図り、より総合的なケアシステムを構築する計画だという。

◎株式会社日本介護福祉グループ
http://www.sawahonpo.com/

■関連記事
・茶話本舗、月額10万円で入居可能なサービス付き高齢者向け住宅事業を設立
・異業種より参入し「茶話本舗デイサービス調布深大寺」オープン


ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部 出島】

この記事を印刷する

今日は何の日?

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • 知っておきたい高齢者の食事講座
  • 住宅改修の正しい知識で、自立支援につながるプランを
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載
  • ご利用者の床ずれ防止をマットレスから考えてみませんか?
  • 健康と笑顔をつくる3時間リハビリ型デイサービス
  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
SSLとは?