<虚偽記録>同居家族の介護などで6カ月間の効力停止処分に――大阪市


2013/03/13 09:00 配信   | 行政ニュース

大阪市は、2月28日、同居家族へのサービス提供を装い、介護報酬を不正に請求したとして、合同会社しらゆりが運営する訪問介護事業所「しらゆりヘルパーセンター」について、指定の全部の効力停止6カ月の処分にすると発表した。

処分は2月28日付けで、効力停止とするのは3月1日より8月31日まで。
また、不正に受領した介護給付費743,087円の返還と、返還額に100分の40を乗じた加算額297,234円の支払いを命じたことも発表した。

【事業者の概要】
■運営者:合同会社しらゆり(代表社員 木村令子)

■運営者の所在地:大阪市東住吉区杭全四丁目1番15号

■事業所名:訪問介護、介護予防訪問介護事業所「しらゆりヘルパーセンター」

■所在地:大阪市東住吉区杭全四丁目1番15号ツワイアクト88 1階

■指定年月日:平成24年4月1日

【処分の理由】
■介護給付費の不正請求
・ 平成24年6月から11月の期間、訪問介護員が同居家族の利用者に対して訪問介護サービスの提供を行っているにもかかわらず、別の訪問介護員がサービス提供をしたように装い、サービス実施記録を虚偽作成し、不正に介護給付費を請求、受領した。

■虚偽の報告
・同市監査(書面検査)にて、訪問介護員が同居家族に対するサービス提供は行っていないと虚偽の記載をした自己点検シートを提出した。
また、同市監査(実地検査)においても、あたかも別の訪問介護員がサービス提供を行なったように装った虚偽のサービス実施記録を作成し、報告した。

■虚偽の答弁
・同市監査(実地検査)において、市の担当者に対し、訪問介護員が同居の家族に対するサービス提供は行なっていないとの虚偽の答弁を行った。

◎大阪市
http://www.city.osaka.lg.jp/

■関連記事
・<運営基準違反>同一代表者の居宅事業所と訪問事業所を行政処分――静岡県
・<同居家族の介護など>不正請求などで訪問介護事業所を指定取り消し処分に――岡山市


ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部 土倉】

この記事を印刷する

今日は何の日?

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供
  • 健康と笑顔をつくる3時間リハビリ型デイサービス
  • 知っておきたい高齢者の食事講座
  • ご利用者の床ずれ防止をマットレスから考えてみませんか?
  • 住宅改修の正しい知識で、自立支援につながるプランを
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます