<災害時訓練マニュアル>『高齢者福祉施設における BCP(事業継続計画)訓練ガイドライン』発行――東京都社会福祉協議会


2013/04/10 17:00 配信   | 業界ニュース

東京都社会福祉協議会は、高齢者福祉施設での災害時訓練の実施方法等についてまとめた『高齢者福祉施設における BCP(事業継続計画)訓練ガイドライン』を発行した。

東日本大震災では、多くの高齢者福祉施設も甚大な被害を受けた。災害時に備えた訓練の重要性を、あらためて思い知らされることとなった。東社協高齢者福祉施設部会・センター部会大規模災害対策検討委員会では、平成24年1月から11月にかけて様々な場面を想定した実践的なBCP訓練を実施してきた。同書は、その内容および結果を踏まえ、訓練の実施方法等について体系的に整理し、6つの訓練の事例を紹介するとともに訓練で使用したシナリオや資料をとりまとめたものである。



■書名:『高齢者福祉施設における BCP(事業継続計画)訓練ガイドライン』

■内容:
・BCP訓練とは
・訓練計画書の策定
・訓練目標の設定
・訓練参加者の範囲
・訓練の想定
ほか

■著者:齋藤實、英由佳

■編集:東社協高齢者福祉施設部会・センター部会大規模災害対策検討委員会

■定価: 1,000円(税込)

■仕様: A4/64ページ

■発行:東京都社会福祉協議会

◎東京都社会福祉協議会
http://www.tcsw.tvac.or.jp/index.html

■関連記事
・震災当日から安否確認に走った被災地ケアマネジャー—ケアマネジメント研究会報告会(1)
・死亡例など、東京の高齢者も震災でダメージを受けていた——東日本大震災の被害状況調査


ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部 出島】

この記事を印刷する

今日は何の日?

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
SSLとは?