<不正請求>デイサービス事業所を3カ月間の給付減額処分に――栃木県


2013/04/12 09:00 配信   | 行政ニュース

栃木県は、3月28日、サービスを提供せずに介護報酬を不正に請求したなどして、日光市の通所介護・介護予防通所介護事業所を3カ月間の介護・予防給付の請求を上限7割とする処分を発表した。
処分は、5月1日から同年7月31日まで。

【事業者の概要】
■運営者:有限会社上野荘(代表取締役 上野和也)

■運営者の所在地:日光市鬼怒川温泉大原853番地

■事業所名:在宅介護支援デイサービスうえの荘(通所介護・介護予防通所介護)

■事業所の所在地:日光市鬼怒川温泉大原853番地

【処分の理由】
■サービス不提供
平成23年1月から6月までの間、要支援の認定を受けた被保険者に対して介護予防通所介護のサービスを提供していないにもかかわらずサービスを提供したとし、介護予防サービス費277,560円を不正に請求、受領した。

■人員基準違反
平成22年7月および平成23年2月に、看護職員の人数が指定居宅サービスなどの基準を満たしていなかったにもかかわらず、居宅介護サービス費および介護予防サービス費2,362,330円を減額することなく請求し、受領した。

◎栃木県
http://www.pref.tochigi.lg.jp/

■関連記事
・<運営基準違反>同一代表者の居宅事業所と訪問事業所を行政処分――静岡県
・虚偽の書類作成によりデイサービスの指定取り消しへ——宮城県


ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部 土倉】

この記事を印刷する

今日は何の日?

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • 住宅改修の正しい知識で、自立支援につながるプランを
  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供
  • 健康と笑顔をつくる3時間リハビリ型デイサービス
  • ご利用者の床ずれ防止をマットレスから考えてみませんか?
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載
  • 知っておきたい高齢者の食事講座

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
SSLとは?