【介護保険最新情報vol.324】介護職員初任者研修課程の実施等に伴う告示及び通知の改正について


2013/04/03 12:00 配信   | 介護保険最新情報

厚生労働省は、3月29日、介護保険最新情報vol.324「介護職員初任者研修課程の実施等に伴う告示及び通知の改正について」の告示を発出した。(老高発0329 第2号)(老高発0329 第2号)(老老発0329 第1号)

周知のとおり、平成25 年4月1日から、介護職員初任者研修課程が実施されるとともに、介護職員基礎研修課程並びに訪問介護員に関する1級課程及び2級課程が廃止された。
これに伴い、平成25 年3月22 日に、指定居宅サービスに要する費用の額の算定に関する基準等の一部を改正する告示(平成25 年厚生労働省告示第62 号)
が公布された。
そこで、指定居宅サービス等及び指定介護予防サービス等に関する基準について(平成11 年9月17 日老企第25 号厚生省老人保健福祉局企画課長通知)等の通知を改正し、平成25 年4月1日より適用することとした。
改正を行った通知は以下のとおり。いずれも改正前と改正後が併記され、変更点を下線で示している。

●指定居宅サービス等及び指定介護予防サービス等に関する基準について(平成11 年9 月17 日老企第25 号厚生省老人保健福祉局企画課長通知)

●指定居宅サービスに要する費用の額の算定に関する基準(訪問通所サービス、居宅療養管理指導及び福祉用具貸与に係る部分)及び指定居宅介護支援に要する費用の額の算定に関する基準の制定に伴う実施上の留意事項について(平成12 年3 月1 日老企第36 号厚生省老人保健福祉局企画課長通知)

●指定居宅サービスに要する費用の額の算定に関する基準(短期入所サービス及び特定施設入居者生活介護に係る部分)及び指定施設サービス等に要する費用の額の算定に関する基準の制定に伴う実施上の留意点について(平成12 年3月8日老企第40 号厚生省老人保健福祉局企画課長通知)

●指定介護予防サービスに要する費用の額の算定に関する基準の制定に伴う実施上の留意事項について(平成18 年3月17 日老計発第0317001 号・老振発第0317001 号・老老発第0317001 号厚生労働省老健局計画課長・振興課長・老人保健課長連名通知)

●指定地域密着型サービス及び指定地域密着型介護予防サービスに関する基準について(平成18 年3月31 日老計発第0331004 号・老振発0331004 号・老老発0331017 号 厚生労働省老健局計画課長、振興課長、老人保健課長連名通知)

●福祉用具専門相談員について(平成18 年3月31 日老振発第0331011 号厚生労働省老健局振興課長通知)

●指定訪問介護事業者の指定申請等におけるサービス提供責任者の経歴に係る提出資料の取扱いについて(平成20 年7 月29 日老振発第0729002 号厚生労働省老健局振興課長通知)

今回発出された告示内容に関しては、ケアマネジメントオンラインの無料書式よりダウンロードできる。

【介護保険最新情報vol.324】介護職員初任者研修課程の実施等に伴う告示及び通知の改正について




ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部 樋口】

この記事を印刷する

今日は何の日?

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
SSLとは?