<介護福祉士試験>EPA協定のインドネシア人候補者の試験合格率は46.7%!


2013/04/11 12:00 配信   | 行政ニュース

厚生労働省は、3月28日に発表された第25回介護福祉士国家試験に、経済連携協定に基づく外国人介護福祉士候補者のうち、128名が合格したと発表した。今回の受験者週はEPA全体で322人で、全体の合格率は39.8%。
内訳は、インドネシア人候補者の合格率が46.7%と高く、今回が初めての受験となったフィリピン人候補者の合格率は30.4%だった。

また、昨年受験したインドネシア人候補者第1陣と、今年受験したインドネシア人候補者第2陣を比べると、合格率が8.6%上昇し、45.8%となった。

合格率が著しく向上した背景には、外国人が仕事をしながら短い期間で日本語の習得から始ること、受験機会が限定されることなどを鑑み、昨年度よりEPAに基づく受験者のために、漢字にルビ(読み仮名)を振る、専門用語をわかりやすい言葉に置き換える、受験時間の延長など、さまざまな試験上の配慮を講じてきた。今回はその結果が反映されたものとみられる。

◎厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/


ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部 樋口】

この記事を印刷する

今日は何の日?

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • ご利用者の床ずれ防止をマットレスから考えてみませんか?
  • 住宅改修の正しい知識で、自立支援につながるプランを
  • 健康と笑顔をつくる3時間リハビリ型デイサービス
  • 知っておきたい高齢者の食事講座
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載
  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
SSLとは?