<今こそ読みたい>患者自身が語った嚆矢『扉を開く人 認知症の本人が語るということ』


2013/05/23 13:00 配信   | 業界ニュース

認知症の患者自らが、自分のことを世界に向けて語ったことで、認知症への認識が一変した――その当人の言葉をまとめた本が、クリエイツかもがわから出版されている。

著者のクリスティーン・ブライデン氏は、2003年、京都で開催された国際アルツハイマー学会において、患者自らが自分のことを世に訴えた嚆矢(最初)の人として名高い。以来、NHKのドキュメンタリーなどメディアへの露出も多く、認知症が「何もわからなくなる病気」ではないこと、患者本人が一番苦しんでいることなどを世に知らしめ、偏見を説いた功績は大きい。

キャリアウーマンだったクリスティーンは、46歳でアルツハイマー型と診断された。以後、自分自身の経験を本に書き、講演を行っている。そればかりか、診断の三年後、結婚相談所を訪ねて二度目の結婚までしてしまう。そして書いた二冊目の本の題名は『認知症とダンスを』。クリスティーンが言うことなすことのすべてが、従来の認知症の常識をひっくり返すものだった。

同書には、日本での講演で語られた全文をはじめ、クリスティーンが今回新たに寄せてくれたメッセージやQ&Aも収録。医療やケアの現場で、認知症の人に係っている人は、ぜひ一度手に取ってもらいたい。



■書名:『扉を開く人 認知症の本人が語るということ』

■目次:
はじめに これから認知症になる人へ
第一章 認知症新時代の幕開け
第二章 クリスティーンの現在
第三章 クリスティーンの言葉をどう受け止めるか
第四章 認知症とともに生きる心の旅

■著者:クリスティーン・ブライデン

■監修:永田久美子

■編著:NPO法人認知症当事者の会

■出版社:クリエイツかもがわ

■価格:2,100円(税込)

■仕様:A5判/204ページ

◎クリエイツかもがわ
http://www.creates-k.co.jp/

■関連記事
・「認知症」の高齢者は、判断力も分別もない存在なのか?——「認知症ケアの最前線」講演会レポ(2)
・当事者と家族が「幻視の恐怖」を語る——レビー小体型認知症講演会レポ(2)


ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部 樋口】

この記事を印刷する

スキルアップにつながる!おすすめ記事

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • ケアマネに必要な高齢者への「食事」の支援方法
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載
  • 介護業界の“旬の話題”について、専門家が解説
  • 健康と笑顔をつくる3時間リハビリ型デイサービス
  • 尿臭をすっきり消臭!「アタック消臭ストロング」プレゼント
  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます