服薬支援装置「服薬支援ロボ」発売へ―ケアボット


2014/10/10 12:00 配信   | 業界ニュース

クラリオンとセントケア・ホールディングが設立した、介護ロボットの企画・販売会社ケアボットは、10月2日、共同開発した高齢者向け服薬支援装置「服薬支援ロボ」を、平成27年2月から調剤薬局と介護施設向けに発売すると発表した。



「服薬支援ロボ」は、ケアボット取扱製品の第一弾となる介護ロボット。
設定した時間になると、音声案内と画面表示で服薬を告知し、高齢者や介護を必要とする人の薬の過剰摂取や飲み忘れ、飲み間違い、誤薬防止を行う。
薬の取り出し操作は、音声と画面のガイドに従い取り出しボタンを押すことで、装置内部に収納した薬入りピルケースが前面の取り出し口から送り出される。
ひとつのピルケースには一回分の薬を入れることができ、ピルケース専用カセットには一週間分を収納できる。
また、服薬時間設定は朝、昼、夜、寝る前など、最大4パターンの時刻設定が可能だ。
利用者の服薬状況把握のため、服薬履歴を記憶し、必要に応じて表示することもできる。

高齢者は複数の医療機関から数種類の薬を処方されており、適切な服薬管理が課題となっている。
在宅での服薬介助や、施設介護職員の負担軽減に寄与すると期待される。

■名称:服薬支援ロボ
■本体希望小売価格(税抜):120,000円
■発売日:平成27年2月

◎クラリオン
http://www.clarion.com/jp/ja/top.html 

◎セントケア・ホールディング
http://www.saint-care.com/


ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部】

この記事を印刷する

スキルアップにつながる!おすすめ記事

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • 食事でお悩みのご利用者に。少量でしっかり栄養補給
  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供
  • ケアマネに必要な高齢者への「食事」の支援方法
  • 健康と笑顔をつくる3時間リハビリ型デイサービス
  • 尿臭、食べこぼしのシミ…介護のお洗濯の悩みを解決!
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください

広告掲載・マーケティング支援に関するお問い合わせはこちら >>

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます