ケア動作を忠実に再現する「ヘルスケアロボット」開発 ―慶應


2014/10/10 17:00 配信   | 業界ニュース

慶應義塾大学理工学部の桂 誠一郎准教授は、10月6日、リハビリテーションやマッサージなどのケアを行う際の動作を忠実に再現する「ヘルスケアロボット」の開発に成功したと発表した。

ロボットを駆動するモータに力制御を導入したことで、身体接触作業に必要とされるきめ細かな力加減がコントロールできるようになった。
このロボットを用いて行ったケア動作は、コンピュータ制御によりデータ化され、「いつでも・どこでも」繰り返し再現することができるという。

将来的には、作業療法士の動作データを自宅で再現して在宅でのリハビリテーションを行ったり、リハビリテーションの過程を記録して回復具合を定量的に評価したりすることも可能となる見込みだ。

この成果は、10月11日(土)まで幕張メッセで開催されている最先端 IT・エレクトロニクス総合展「CEATEC JAPAN 2014」(シーテックジャパン 2014)で実機デモンストレーションとして行われる。

◎慶應義塾大学
http://www.keio.ac.jp/index-jp.html 


ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部】

この記事を印刷する

今日は何の日?

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • ご利用者様の重大事故防止のためご確認をお願い致します
  • 知っておきたい高齢者の食事講座
  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供
  • ご利用者の床ずれ防止をマットレスから考えてみませんか?
  • 健康と笑顔をつくる3時間リハビリ型デイサービス
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます