ミャンマーに日本向け介護人材育成学校を開校―ジェイサットコンサルティング


2015/07/23 17:00 配信   | 業界ニュース

ミャンマーで日本企業向け進出・人材支援を行うジェイサットコンサルティングは、7月17日、日本向け介護人材育成学校をミャンマーに開校したと発表した。
来年解禁されるとみられる、介護分野における外国人技能実習制度の運用にそなえる。

日本へのエンジニア送り出しに実績のある現地法人や大手医療団体と業務提携し、人材募集から教育、派遣、日本滞在のフォロー、帰国後の就職までサポートする。

介護職員初任者研修の90%の授業をミャンマーで行い、日本での技能実習生中に介護福祉士取得を目指す。
日本語は、渡航前までにN3(日常的な場面で使われる日本語をある程度理解することができるレベル)の習得を目標とする。
日本へ送り出した後は、東京や名古屋などに常駐するミャンマー人スタッフが、日本の介護事業者と外国人介護スタッフを、24時間体制でフォロー。また日本滞在時から、技能実習後のミャンマー国内での勤務先についても紹介し、円滑な技術移転を促進する。
介護現場における事故ゼロを目指す、一般社団法人外国人介護サービス協会の認定試験「外国人安全介護技能士認定試験」も導入するという。

ジェイサットコンサルティングは、1998年から350社以上の日系企業のミャンマー進出支援を行っている。2014年からは、日本へ対する現地の高度人材や技能実習生の派遣も開始した。

◎ジェイサットコンサルティング
http://www.j-sat.jp/


ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部】

この記事を印刷する

今日は何の日?

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • 健康と笑顔をつくる3時間リハビリ型デイサービス
  • 住宅改修の正しい知識で、自立支援につながるプランを
  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供
  • 知っておきたい高齢者の食事講座
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載
  • ご利用者の床ずれ防止をマットレスから考えてみませんか?

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます