年金生活者への3万円給付金、585万人に支給 厚労省が経過を発表


2016/07/01 09:00 配信   | 行政ニュース

厚生労働省は6月30日、住民税が課税されていない高齢者に3万円を支給する「年金生活者等支援臨時福祉給付金」の支給状況について公表した。


(イメージ)

同省の調べによると、6月15日現在、1,732市区町村で1,044万人が申請をしており、うち1,248市区町村の585万人に給付金が振り込まれている。

給付金の対象となるのは、 2015年度分の住民税が課税されていない人で、2017年3月31日までに65歳以上になる人。
今年4月から本格化しており、6月末までには全ての市区町村で申請受付と支給が開始される見込み。

◎厚生労働省 報道発表資料
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000129058.html


ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部】

この記事を印刷する

スキルアップにつながる!おすすめ記事

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供
  • 保険内でカバー、手頃な価格帯のドアも充実
  • 尿臭をすっきり消臭!「アタック消臭ストロング」プレゼント
  • ケアマネに必要な高齢者への「食事」の支援方法
  • 一本でしっかり栄養補給!栄養補助飲料「クリミール」
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます