入院中もサポートする「マイケアマネジャー制度」を提案―日本慢性期医療協会


2016/07/22 11:00 配信   | 業界ニュース

日本慢性期医療協会の武久洋三会長は、7月21日、定例会見を開き、要介護者が病院や施設にいるときでも、指名したケアマネジャーにケアマネジメントや医療・介護のサポートをしてもらえる「マイケアマネジャー制度」の創設について提案を行った。
武久会長は、社会保障審議会の介護保険部会や医療保険部会などの委員も務めており、発言には一定の影響力をもつ。

武久会長が提案する「マイケアマネジャー制度」とは、要介護者がケアマネジャーを指名し、病院や施設、小規模多機能などの居宅以外のサービスを利用する場合にも、マイケアマネジャーからサポートを受けられるというもの。要介護者が病院に入院した場合でも、マイケアマネジャーは、在宅復帰に向けた準備のために何度も病院を訪問し、切れ目なくケアマネジメントや介護と医療のサポートを行う。
ケアマネジャーが担当できるケアプラン件数も変え、1人あたり39件という現行制度に代わり、30件のケアプランの上に、別の20名のサポートを行うことができるようにする。介護報酬は3,000円/月を想定しているという。

武久会長は会見でさらに、施設ケアマネジャーについても触れた。
現在、施設ケアマネジャーは、他の業務との兼任であるため 、良質のケアプランを個別に立てることができない。そのような状況下では、当然、退所に向けてのケアマネジメントなども到底できないと指摘する。
そのため、施設ケアマネジャーは、ケアマネジメント業務に専従化することが必要であると主張を行った。

◎日本慢性期医療協会 定例記者会見2016年(平成28年)7月21日
https://jamcf.jp/pdf/2016/2016160721kaiken.pdf


ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部】

この記事を印刷する

スキルアップにつながる!おすすめ記事

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • 尿臭をすっきり消臭!「アタック消臭ストロング」プレゼント
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載
  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供
  • 健康と笑顔をつくる3時間リハビリ型デイサービス
  • ケアマネに必要な高齢者への「食事」の支援方法
  • 介護業界の“旬の話題”について、専門家が解説

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます