41法人と「職場のハラスメント防止に関する集団協定」を締結―NCCU


2016/08/05 09:30 配信   | 業界ニュース

日本介護クラフトユニオン(NCCU)は、7月、労使関係のある法人との間で「介護業界の労働環境向上を進める労使の会」を発足し、41社(27分会)と「職場のハラスメント防止に関する集団協定」を締結した。41社には、ケア21、ケアサービス、メッセージなどが名前を連ねる。 

NCCUは、2000年の結成当時から、介護従事者の労働条件の維持向上と社会的地位の向上につながる「業界のワークルール作り」を重要課題として位置づけてきた。2001年には、NCCUと労使関係のある法人との間で「労使会議」をスタートさせ、以降「有期労働契約による組合員の雇用安定化協定」「安全衛生に関する協定書」の集団締結という実績を経て、今回、「ハラスメント防止協定」の締結に至った。
ハラスメントは、介護従事者のストレスや離職の原因となるほか、サービス利用者への虐待の要因にもなっている。労使の会では、今回の協定締結によってハラスメントを防止することで、安心して長く働ける職場環境を実現し、人材の確保と定着、さらには介護サービスの質の向上を図っていくとしている。

◎日本介護クラフトユニオン(NCCU) トピックス
http://www.nccu.gr.jp/topics/detail.php?SELECT_ID=201607070001


ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部 土倉】

この記事を印刷する

スキルアップにつながる!おすすめ記事

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • ケアマネに必要な高齢者への「食事」の支援方法
  • 健康と笑顔をつくる3時間リハビリ型デイサービス
  • 介護業界の“旬の話題”について、専門家が解説
  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載
  • 尿臭をすっきり消臭!「アタック消臭ストロング」プレゼント

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます