4割の女性 「仕事と家事・育児・介護の両立に悩むことがある」―労働政策


2016/09/27 17:00 配信   | 業界ニュース

独立行政法人 労働政策研究・研修機構は「第7回勤労生活に関する調査」の結果を発表した。終身雇用・年功賃金などの日本型雇用慣行や、将来のキャリアなど職業生活に関する意識、生活満足度等の多様な側面について明らかにすることを目的とし1999年から実施。今回で7回目となる。

本調査では、スペシャルトピックとして「全員参加型社会に関する意識」を取り上げ、仕事と家庭の両立などについても調査を行った。
その結果、「仕事と家事・育児・介護の両立が難しく、悩むことがある」(以下「悩むことがある」と略)と回答した割合は全体で36.4%。男女で差が大きく、男性が31.9%なのに対し、女性は40.9%と約10%ほど高い数値となった。


(仕事と家事・育児・介護の両立に関する意識調査)

また、性年齢階層別にみても「悩むことがある」割合は、ほぼすべての年齢階層で女性が男性を上回り、なかでも、子育て期にあたると想定される30歳代女性では56.3%と突出して高い割合に。仕事と家庭の両立に苦悩する世代の姿が浮き彫りになった。

≪調査の概要≫
・調査対象:全国20歳以上の男女4,000人(層化二段系統抽出法)
・調査方法:調査員による訪問面接調査
・調査期間:2015年11月27日~12月20日
・回答状況:有効回答数2,118人/有効回収率53.0%


◎独立行政法人労働政策研究・研修機構 プレスリリース
http://www.jil.go.jp/press/documents/20160923.pdf


ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部】

この記事を印刷する

今日は何の日?

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • ご利用者の床ずれ防止をマットレスから考えてみませんか?
  • 健康と笑顔をつくる3時間リハビリ型デイサービス
  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供
  • 知っておきたい高齢者の食事講座
  • 住宅改修の正しい知識で、自立支援につながるプランを
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
SSLとは?