認知症の市場4年で1.9倍と予測―シード・プランニング


2016/12/09 14:30 配信   | 業界ニュース

市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニングは、「認知症ケア支援サービスに関する調査」を実施し、その結果を公表した。(調査期間2016 年6 月~2016 年10 月)

認知症の「予防」「早期発見・評価」「日常在宅ケア」の3分野を合計した「認知症ケア支援サービス」の市場規模は、2016 年の段階で約230 億円と推定。とくに予防分野の製品・サービスが市場の中心で、保険など日常在宅ケア領域のサービスが多数発売され、徐々に市場として確立され始めており、2020年には約433億円、4年で1.9倍に2025年には約679億円と予測。

分野別では、各市町村に設置される「認知症初期集中支援チーム」が、さまざまなツールを活用することを想定し、「早期発見・評価」が伸びるとみている。また、安否確認などの見守りサービスに参入する企業の増加をふまえ「日常在宅ケア」の分野の伸びも指摘している。

◎シードプランニング プレスリリース
https://www.seedplanning.co.jp/press/2016/2016112201.html


ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部】

この記事を印刷する

スキルアップにつながる!おすすめ記事

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • 介護業界の“旬の話題”について、専門家が解説
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載
  • ケアマネに必要な高齢者への「食事」の支援方法
  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供
  • 健康と笑顔をつくる3時間リハビリ型デイサービス
  • 尿臭をすっきり消臭!「アタック消臭ストロング」プレゼント

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます