「75歳以上」を高齢者に 提言―日本老年学会


2017/01/06 17:00 配信   | 業界ニュース

日本老年学会、日本老年医学会は、6日「高齢者の区分と定義に関する、日本老年学会・日本老年医学会 高齢者に関する定義検討ワーキンググループからの提言」を公表した。

多くの国で高齢者は「65歳以上」と定義されている。しかし、これには医学的な根拠はない。近年、わが国において個人差はあるものの、この年齢の定義が合わない状況が生じている。

日本老年学会、日本老年医学会では、2013年より高齢者の定義を再検討するワーキンググループを立ち上げ、議論を重ねてきた。また高齢者の心身の健康に関するさまざまなデータを調べた結果、10~20年前よりも加齢に伴う身体の変化が5~10年遅延しており「若返り」現象がみられることがわかった。
これらをふまえ、同ワーキンググループでは、65歳以上を以下のように区分することを提言した。

65歳~74歳 准高齢者 准高齢期 (pre-old)
75歳~89歳 高齢者   高齢期 (old)
90歳~   超高齢者 超高齢期 (oldest-old super-old)

◎高齢者の区分と定義に関する、日本老年学会・日本老年医学会 高齢者に関する定義検討ワーキンググループからの提言
http://www.jpn-geriat-soc.or.jp/proposal/pdf/definition_01.pdf


ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部】

この記事を印刷する

今日は何の日?

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • 健康と笑顔をつくる3時間リハビリ型デイサービス
  • 住宅改修の正しい知識で、自立支援につながるプランを
  • 知っておきたい高齢者の食事講座
  • ご利用者の床ずれ防止をマットレスから考えてみませんか?
  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます