高齢者の餅による窒息事故に注意喚起―消費者庁


2017/01/10 09:00 配信   | 行政ニュース

消費者庁は6日、餅での窒息による死亡事故についての注意喚起を発表した。

年の初めは餅を食べる機会が多くなり、今年もすでに窒息による死亡事故が発生している。東京消防庁管内での餅や団子などによる窒息事故で救急搬送された人数は2011年から2015年までの5年間で562人。うち救急搬送された人は65歳以上の高齢者が多く、約9割を占めている。

同省では、「高齢者が餅を食べる際に御注意いただきたいこと」として
・冬の寒い朝の一口目には十分注意
・餅を小さくするだけでなく、さらに口の中でよくかんで
・口の中の分が飲み込めてから、次の一口を
と、専門家のアドバイスを紹介している。


(イメージ)

◎消費者庁 高齢者の餅による窒息事故に気を付けて!
http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/release/pdf/170106kouhyou_5.pdf


ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部】

この記事を印刷する

今日は何の日?

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • 知っておきたい高齢者の食事講座
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載
  • ご利用者の床ずれ防止をマットレスから考えてみませんか?
  • 健康と笑顔をつくる3時間リハビリ型デイサービス
  • ご利用者様の重大事故防止のためご確認をお願い致します
  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます