3月12日スタート「改正道路交通法」 運転免許を持つ75歳以上は要注意


2017/02/23 17:00 配信   | 行政ニュース

平成29年3月12日から施行される「改正道路交通法」では、大きなポイントの1つとして「高齢者の運転免許制度の変更」があり、とくに75歳以上の運転者は注意が必要となる。

警察庁によると、高齢の運転免許保有者の増加を背景として、全体に占める75歳以上の運転者による死亡事故の割合は、平成17年の7.4%から平成27年には12.8%と上昇している。
また、平成27年の年齢層別死亡事故件数(免許保有者10万人当たり)を比較すると、75歳未満では4.0件、75歳以上では9.6件と2倍以上に。
75歳以上の運転者による死亡事故のうち、事故前に認知機能検査を受けていた方の5割近くが「認知症のおそれあり」または「認知機能低下のおそれあり」と判定されていることがわかった。

これらの現状をふまえ、これまでは75歳以上の免許証更新時に受ける認知機能検査にて、「認知症のおそれあり(第1分類)」と判定されても、医師による臨時適性検査やその診断による免許取り消しは、事故を起こした場合にのみ行われていた。しかし、今後は免許証更新時の認知機能検査で「認知症のおそれあり(第1分類)」と判定された方全員に、医師の診断の義務化がされることとなり、これまでのように事故や違反がなくても臨時適性検査が行われ、その結果、認知症と診断された場合には免許取り消し等の対象となる。

◎ 政府広報オンライン 3月12日スタート、改正道路交通法の主なポイント
http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201702/2.html


ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部】

この記事を印刷する

スキルアップにつながる!おすすめ記事

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • 介護業界の“旬の話題”について、専門家が解説
  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供
  • 尿臭をすっきり消臭!「アタック消臭ストロング」プレゼント
  • 健康と笑顔をつくる3時間リハビリ型デイサービス
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載
  • ケアマネに必要な高齢者への「食事」の支援方法

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます