日本の平均寿命は過去最高 男性は1.20年延びて80.75年、女性は0.69年86.99年―厚労省


2017/03/02 17:00 配信   | 行政ニュース

厚労省は1日、「第22回生命表(完全生命表)」を公表した。通算して21回目の調査結果であり、平成27年国勢調査による日本人人口の確定数、人口動態統計の確定数(平成27年死亡数、平成26 年および平成27年出生数)を基に作成されている。これによると日本の平均寿命は過去最高となり、男性は1.20年延びて80.75年、女性は0.69年延びて、86.99年であることがわかった。

また、「10万人の出生者が年齢別死亡率に従って死亡していく」とした場合の死亡数を見ると、男女ともに70歳代から急激に増加し、男性では87歳(4,127人)、女性では92歳(5,025人)でピークを迎えた後、急激に減少する。生命表における“死亡数のピーク”は、回を重ねるごとに高齢に移動しており、「高齢化が進んでいる」ことが明らかになった。

(イメージ)

◎ 厚労省 第22 回生命表(完全生命表)の概況
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/22th/dl/22th_11.pdf


ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部】

この記事を印刷する

スキルアップにつながる!おすすめ記事

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • 介護業界の“旬の話題”について、専門家が解説
  • 介護報酬・診療報酬の改定を読み解くためのヒントをお届け
  • 住まいに関する悩みをお持ちのご利用者はいませんか?
  • 知っておきたい高齢者の食事講座
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載
  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます