【介護保険最新情報vol.610】在宅医療・介護連携推進事業の手引きを改定


2017/10/27 11:00 配信   | 介護保険最新情報

厚生労働省は25日、介護保険最新情報vol.610として「介護保険の地域支援事業における在宅医療・介護連携推進事業の手引きについて」を発出した。

2014年の介護保険法改正によって、市区町村では介護保険の地域支援事業における在宅医療・介護連携推進事業に取り組むことが定められた。市区町村は2018年4月には、「地域の医療・介護資源の把握」や「在宅医療・介護連携の課題の抽出と対応策の検討」などの8つの事業項目のすべてを実施しなければならない。

同事業を推進するにあたり、社会保障審議会介護保険部会から、「地域の医療介護連携の実態把握、課題の検討、課題に応じた施策立案に至る方法についての具体化」や「在宅医療・介護連携の推進に有効と考えられる市区町村や都道府県の取り組みに関する情報提供」などが必要とする意見が示されていた。

こうした状況を踏まえ、厚労省は「介護保険の地域支援事業における在宅医療・介護連携推進事業の手引き」(手引き)を改定した。本通知は、改定された手引きについて周知するもの。


介護保険の地域支援事業における在宅医療・介護連携推進事業の手引きについて


ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部】

この記事を印刷する

ケアマネジメント・スキルアップ講座

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • 介護報酬・診療報酬の改定を読み解くためのヒントをお届け
  • 住まいに関する悩みをお持ちのご利用者はいませんか?
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載
  • 知っておきたい高齢者の食事講座
  • 一本でしっかり栄養補給!栄養補助飲料「クリミール」
  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます