編集部イチ押し! 先週のニュースまとめ読み


2017/12/03 12:00 配信   | 業界ニュース

先週(11月27日~12月01日)に配信されたニュースのうち、特におすすめの記事をまとめてお届けします。

2018年度の介護報酬改定に向け、社会保障審議会介護給付費分科会の議論は大詰めを迎えています。

11月29日の議論では、自立支援や重度化防止で成果を挙げた事業所を報酬で評価するための具体的な方法が厚生労働省から提案されました。

いわゆる「改善インセンティブ」に関する提案です。


(11月29日の社会保障審議会介護給付費分科会)

ただし、要介護度が重くなると、設定される単位数も多くなる、現状の仕組みが変わるわけではありません。つまり、今回の改定では「改善インセンティブ」は、ごく限定された形で導入される見通しです。

詳細は29日配信の「デイはADL改善、施設は排泄の自立支援などを評価へ」で報じています。

さらに29日には、ロボットを介護報酬で初めて評価する方針も示されました。詳細は、29日配信の「介護ロボット、介護報酬で初評価へ―特養などの見守り機器設置で」をご覧ください。

30日配信の「共生型サービス、基準と報酬の考え方を提案―厚労省」なども注目です!(D)

【11月27日】
老健、「従来型」の基本報酬も在宅復帰重視で見直しへ

【11月28日】
介護保険外のケアマネジメントも評価を-日本介護支援専門員協会が要望

【11月29日】
デイはADL改善、施設は排泄の自立支援などを評価へ―厚労省が提案

介護ロボット、介護報酬で初評価へ―特養などの見守り機器設置で

【11月30日】
共生型サービス、基準と報酬の考え方を提案―厚労省

【12月1日】
ケアマネと医療の連携強化目指し、特定事業所加算を拡充へ―厚労省



ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部】

この記事を印刷する

ケアマネジメント・スキルアップ講座

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供
  • 住まいに関する悩みをお持ちのご利用者はいませんか?
  • 介護業界の“旬の話題”について、専門家が解説
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載
  • 健康と笑顔をつくる3時間リハビリ型デイサービス
  • 知っておきたい高齢者の食事講座

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます