介護ロボット、企業の海外展開の環境整備へ―経産省


2018/01/05 14:00 配信   | 行政ニュース

経済産業省は2018年度から、ロボット介護機器の安全性に関する国際認証を取得しやすくするなど、機器を製造・開発する企業の海外展開につなげるための環境整備を進める。同年度予算案で、事業費として11億円を盛り込んだ。

また、移動支援など自立支援型のロボットを開発するメーカーに対する財政支援も併せて実施。20年度までに、国内のロボット介護機器の市場規模を約500億円に拡大することを目指す。

経産省と厚生労働省は昨年秋、ロボット技術を利用する介護の重点分野として、新たに1分野5項目を追加。経産省では今回、▽移動支援(装着型)▽排泄支援(排泄予測、動作支援)▽高齢者の見守り・コミュニケーション▽介護業務の支援―を対象に、ロボット介護機器を開発する企業を支援する。

具体的には、AMED(日本医療研究開発機構)を通じて参加する企業を公募。1億円を上限に、開発費用の半額から3分の2を補助する。

■年度内に安全性に関するGL公表へ

政府は13年6月に閣議決定した「日本再興戦略」で、同年度から5年間を「ロボット介護機器開発5カ年計画」に位置付け、機器を開発する企業への財政支援を行ってきた。これまでの事業の成果を踏まえ、経産省では今年3月までに、ロボット介護機器の安全性に関するガイドライン(GL)を公表する方針だ。

◎経産省のホームページ


ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部】

この記事を印刷する

スキルアップにつながる!おすすめ記事

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • いつもの洗剤を花王アタック消臭ストロングに変えるだけ!
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載
  • ケアマネに必要な高齢者への「食事」の支援方法
  • 住宅改修の正しい知識で、自立支援につながるプランを
  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供
  • 介護業界の“旬の話題”について、専門家が解説

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます