大規模デイに逆風、区分細分化でCMの負担増も―解説・18改定vol2


2018/01/30 17:40 配信   | 解説

今年4月の介護報酬改定では、多くのサービスの基本報酬が少しずつ引き上げられた。その一方で基本報酬が削られたのが、デイサービスだ。単位を詳細に読み解くと、規模の大きな類型ほど報酬の削減幅も大きくなる一方、規模が小さな地域密着型の場合、今後の対応次第では、今よりも高い基本報酬を算定することも可能だ。またケアマネジャーにとっては、サービス提供時間区分(区分)が2時間ごとから1時間ごとに変わったことで業務負担の増大が確実視されることに加え、区分変更の際のデイサービス事業所からの働き掛けが強まることも懸念される。

■大規模では50単位以上減も、地域密着は変更次第では基本報酬アップ

通常規模型や大規模型(I)、大規模型(II)のうち、利用者が多い時間区分である「7時間以上9時間未満」の基本報酬は、4月以降、以下のように変更される。



※クリックで拡大


区分が1時間ごとになったことで、「7時間以上9時間未満」の利用者は、「7時間以上8時間未満」か「8時間以上9時間未満」のどちらかを選ばなければならない。大規模型の場合、どちらを選んでも算定できる単位は減るが、特に利用者が「7時間以上8時間未満」を選んだ場合の単位数の削減幅は大きく、50単位以上の単位が減る場合もある。


一方、地域密着型の場合、「7時間以上9時間未満」の利用者が「8時間以上9時間未満」に変わると、基本報酬は最大で51単位上がることになる。

■区分の細分化「不当な働き掛け」を招く?

細分化された区分のうち、より時間の長い区分に高い単位数が設定されているのは、「7時間以上9時間未満」だけではない。すべての類型のすべての区分で同様の傾向が見られる。

そのため、多くのデイサービス事業者は、単位がより高い区分に利用者を誘導するだろう。その結果、事業所からケアマネへの不当な働き掛けが高まる可能性が高い。

たとえそうした働き掛けがなかったとしても、利用者の区分の変更に伴い、ケアマネの業務量が一時的に急増することは、ほぼ確実だ。

■ADLの維持・向上を加算で評価

今回の改定では、ADL(日常生活動作)の維持や改善につながった利用者が多い事業所を報酬で後押しする「ADL維持等加算」の(I)と(II)が創設される。

ADLの維持や改善を判定する指標となるのは、食事や入浴、歩行などの10項目を点数化する「Barthel Index」を用いる。

「ADL維持等加算」では、評価期間として、毎年1月から12月までの1年間を設定。この評価期間中に、半年以上連続してサービスを使った人の変化が要件となる。

具体的な要件は、次の通り。
(1)20人以上の利用者が対象
(2)対象となった利用者の15%以上が、評価を始めた段階で要介護3以上の中重度者
(3)対象のなった利用者のうち、初回の認定から1年経っていない人は15%以下
(4)評価を開始した最初の月と半年後に、機能訓練指導員が対象となった利用者の「Barthel Index」を測定。対象となった利用者の結果の90%以上を保険者に報告

そして測定の結果、対象となった利用者で一定のADLの維持・改善が認められた場合、加算の算定が可能となる。なお、(2)や(3)の要件は、結果が出やすい利用者だけを選ぶ行為を抑止するために設けられた。

上記の要件を満たした場合、事業所は、すべての利用者について、3単位上乗せした報酬を算定できる。ただし、加算を算定できるのは評価期間が終わった後の4月から3月までの1年間。

さらに、評価期間が終わった後も「Barthel Index」 の測定・報告を続ければ、その利用者に限り、6単位を上乗せすることが認められる。


(26日の社会保障審議会介護給付費分科会)

■新たに「生活機能向上連携加算」創設、月に200単位

デイサービスでは、外部リハビリ職や医師と連携することで、算定できる「生活機能向上連携加算」が創設される。単位数は1月当たり200単位。算定要件は次の通り。

・訪問・通所リハを実施している事業所、またはリハを実施している医療機関(原則200床未満)の理学療法士・作業療法士・言語聴覚士、医師が、デイサービス事業所を訪問し、デイサービスの職員と共同でアセスメントを行い、個別機能訓練計画を作成すること

・リハ職と連携して、個別機能訓練計画の進捗状況を3カ月ごとに1回以上評価し、必要に応じて計画・訓練内容などの見直しを行うこと

※個別機能訓練加算を算定している場合は100単位/月


ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部】

スキルアップにつながる!おすすめ記事

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供
  • 介護業界の“旬の話題”について、専門家が解説
  • 健康と笑顔をつくる3時間リハビリ型デイサービス
  • 尿臭をすっきり消臭!「アタック消臭ストロング」プレゼント
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載
  • ケアマネに必要な高齢者への「食事」の支援方法

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます