介護と医療の総合展、関東で初開催―400社が出展、14日まで


2018/09/12 19:00 配信   | 業界ニュース

介護と医療の総合展示会「メディカルジャパン東京」が12日、千葉市の幕張メッセで開幕した。同展示会は3年前から大阪で開かれており、関東での開催は初めて。企業など400社が出展し、主催するリードエグジビションジャパンでは、14日までの期間中に2万人の来場者を見込んでいる。


「介護&看護EXPO」の会場の様子

メディカルジャパン東京は、「介護&看護EXPO」「地域包括ケアEXPO」「医療機器・設備EXPO」など、5つの展示会に分かれており、開催期間中は、地域包括ケアシステム、自立支援介護、AI(人工知能)などをテーマに、120の講演も行われる。

また13、14の両日には、日本最大級の介護コンテスト「介護甲子園」のセミファイナル大会も開かれる。来年2月に大阪で行われる決勝大会の進出を懸け、全国7000の介護事業所から選ばれた30事業所が、事業所での取り組みなどを発表し、観戦者の投票で勝者を決める。


ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部 敦賀陽平】

この記事を印刷する

スキルアップにつながる!おすすめ記事

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載
  • 介護業界の“旬の話題”について、専門家が解説
  • ケアマネに必要な高齢者への「食事」の支援方法
  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供
  • 健康と笑顔をつくる3時間リハビリ型デイサービス
  • 尿臭をすっきり消臭!「アタック消臭ストロング」プレゼント

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます