利用者の再就職先の確保怠る、指定取り消し―岡山・倉敷


2018/12/18 15:00 配信   | 行政ニュース

岡山県倉敷市にある2つの障害福祉サービス事業所が、就労継続支援A型の利用者124人を解雇するとしているにも関わらず、障害者総合支援法が定める新たな受け入れ先を確保する責務を果たしていなかったとして、市は14日付で、両事業所の指定を取り消したと発表した。

処分を受けたのは、市内にある株式会社「あじさいの花」が運営する「あじさいの夢」と「あじさいの森」。市などによると、同社は昨年、経営不振から民事再生法の適用を申請したが、再生手続き中の今年9月、障がい者の労働時間を水増しして助成金をだまし取ったとして、詐欺容疑で役員の男が逮捕された。

同社は先月15日、事業所の廃止届を市に提出し、利用者124人を解雇する方針を提示。市は、障害者総合支援法に基づく命令を出すなど、希望者の再就職先を確保するよう求めたが、改善が見られなかったとして、廃止前日に指定取り消し処分を下した。指定が取り消されると、事業所の運営法人と役員は5年間、障害福祉サービス事業所を開設できなくなる。

◎市のホームページ


ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部】

この記事を印刷する

スキルアップにつながる!おすすめ記事

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供
  • 尿臭をすっきり消臭!「アタック消臭ストロング」プレゼント
  • 介護業界の“旬の話題”について、専門家が解説
  • ケアマネに必要な高齢者への「食事」の支援方法
  • 一本でしっかり栄養補給!栄養補助飲料「クリミール」
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます