見守りとアセスメントの情報をAIで融合―ウェルモなど実証試験


2018/12/21 10:00 配信   | 業界ニュース

ケアプラン作成を支援するAI(人工知能)を開発するベンチャー企業のウェルモ(福岡市)は、電力データの分析事業を手掛ける東京電力ホールディングス(HD)のグループ会社2社と共同で、高齢者の見守りデータを活用した実証試験を開始すると発表した。関東圏に住む利用者60-100人と担当のケアマネジャーに協力を依頼し、見守りのデータとアセスメントの情報などを組み合わせることで、異常行動の検知などにつなげる。3社では、2020年度の事業化を目指すとしている。

東電HDグループの東京電力パワーグリッド(東京都千代田区)とエナジーゲートウェイ(同港区)は、家庭の電力使用量をAIに分析させることで、家電別の電気の使用量を推定し、その分析データを企業などに提供する事業を展開している。

実証試験では、主に一人暮らしの認知症の利用者の住宅内にセンサーを設置し、日々の電力使用量や室内の温度・湿度を把握する。そしてAIは、そうした情報を基に利用者の生活リズムを推測。その分析結果に、ケアプランやアセスメントの情報を掛け合わせ、ケアプランの作成支援や家族への通知など、新たなサービスの提供が可能かどうかを検証する流れだ=イメージ図=。


ウェルモ提供
※クリックで拡大


家電別の電力使用量の変化が分かれば、利用者の夜間の生活状況を把握することもできる。例えば、睡眠が不十分な場合は日中の運動量を増やすなど、ケアマネがサービスを提案する際の情報としても活用できる。

ウェルモ側は、介護のデータ分析に関するノウハウなどを提供するとともに、利用者の日常生活のデータをAIに学ばせることで、AIの心臓部となる「CPAエンジン」の進化にもつなげたい考えだ。


ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部 敦賀陽平】

この記事を印刷する

スキルアップにつながる!おすすめ記事

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • 尿臭、食べこぼしのシミ…介護のお洗濯の悩みを解決!
  • ケアマネに必要な高齢者への「食事」の支援方法
  • 食事でお悩みのご利用者に。少量でしっかり栄養補給
  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載
  • 健康と笑顔をつくる3時間リハビリ型デイサービス

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください

広告掲載・マーケティング支援に関するお問い合わせはこちら >>

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます