LINEで介護記録をリアルタイム送信―業界初


2019/03/05 17:30 配信   | 業界ニュース

介護・福祉の文具ブランド「キャプス」を手掛ける「タニシ企画印刷」(広島市)は、LINEが企業などに提供する専用アカウント「LINE@」を使って、ヘルパーがスマートフォンなどから介護記録をリアルタイムで事業所に送ることができる新サービス「テレッサmobile」の提供を開始した。「タニシ企画印刷」によると、「LINE@」で訪問介護記録の報告などを行う仕組みは業界初という。

使い方は、まず無料通話アプリ「LINE」でQRコードを読み取り、「テレッサmobile」に登録。そして画面上に個人IDとパスワードを入力、ログインすることでサービスを利用できる。

ヘルパーは、画面上で当日のシフトなどを確認後、訪問介護の提供を開始。予定外の業務を行った場合は、内容を入力してサーバーに送信する一方、スケジュール通りに進んだ場合は、終了の報告をするだけで済む。記録は音声入力でも可能。紙の記録を持ち帰る必要がなくなるため、事務負担の軽減などにつながるという。

一方、サービス提供責任者はパソコンなどの管理画面上で、ヘルパーが送った記録を見ながら実績を確定したり、ヘルパーのスケジュールを管理したりできるほか、国保連の請求業務などにも対応している。

同社側は「ITが苦手な年配のヘルパーの方の中にも、プライベートで『LINE』を使っている方は多いので、利用までのハードルは下がると考えている」としている。

◎同社のホームページ


ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部 敦賀陽平】

この記事を印刷する

スキルアップにつながる!おすすめ記事

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • 健康と笑顔をつくる3時間リハビリ型デイサービス
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載
  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供
  • 介護業界の“旬の話題”について、専門家が解説
  • ケアマネに必要な高齢者への「食事」の支援方法
  • 尿臭、食べこぼしのシミ…介護のお洗濯の悩みを解決!

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください

広告掲載・マーケティング支援に関するお問い合わせはこちら >>

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます