大水害から高齢者を守る!防災意識向上へケアマネも一役


2019/03/13 15:00 配信   | 行政ニュース

厚生労働省と国土交通省は、大規模な水害に備えるための公的な協議会とケアマネジャーとの連携を呼び掛ける事務連絡を出した。近年、水害や土砂災害が激しさを増していることを踏まえ、高齢者の防災意識を高めてもらうことが狙い。

「平成30年7月豪雨」(西日本豪雨)に伴う水害は、死者数が230人を超えるなど、平成で最大級の人的被害が出た水害となった。この水害を受け、国の中央防災会議は新たな避難の在り方を盛り込んだ報告書を昨年末に取りまとめた。

報告書では、住民が自らの命は自らが守るという意識を持ち、自らの判断で避難行動をとり、行政はそれを全力で支援するという方針を改めて示した。その上で、住民主体の取り組みを強化するための対策の実施も提言した。

今回の事務連絡は、その対策の一環として発出された。事務連絡では、すべての大規模氾濫減災協議会(※)は、高齢者に水害からの避難に関する理解を深めてもらうため、地域包括支援センターやケアマネと連携する必要があると指摘。

具体的な取り組み例として、▽大規模氾濫減災協議会が、地域包括支援センターやケアマネが日常的に実施している防災に関する取り組みを把握する▽大規模氾濫減災協議会が、職能団体の災害対応研修の場などを通じ、ケアマネにハザードマップなどについて説明する―などを挙げている。


※洪水が発生した場合、大きな被害が出ると予測される河川流域の自治体や気象台の関係者などが集まって組織する。


ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部 ただ正芳】

この記事を印刷する

スキルアップにつながる!おすすめ記事

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載
  • 食事でお悩みのご利用者に。少量でしっかり栄養補給
  • ケアマネに必要な高齢者への「食事」の支援方法
  • 健康と笑顔をつくる3時間リハビリ型デイサービス
  • 尿臭、食べこぼしのシミ…介護のお洗濯の悩みを解決!
  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください

広告掲載・マーケティング支援に関するお問い合わせはこちら >>

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます