インスリン注射、介護職員のサポートは「合法」―厚労省が見解


2019/04/08 11:00 配信   | 行政ニュース

糖尿病を抱える利用者が在宅で行うインスリンの自己注射について、厚生労働省は、食事の際に注射を忘れないための声かけや、投与するインスリンの量を把握する目的で行う血糖値の測定など、介護職員や介助者による自己注射のサポートは、医師法違反に当たらないとする見解を明らかにした。

事業者が新規事業計画を立てる際、現行の規制の範囲内かどうか確認できる「グレーゾーン解消制度」の一環で、介護事業者からの問い合わせに厚労省が回答した。

現行法では、医学的な判断や技術がなければ、人体に危害を及ばすおそれがある医行為は、医師のみが許されている(医師法17条)。今回のケースでは、介護職員や介助者によるインスリンの自己注射のサポートが、医行為に該当するかが問われた。

同省は、利用者が自己注射を行う際の具体的な手順=図=を示した上で、これらの12項目は医行為に該当せず、無資格者が行った場合も、医師法17条に違反しないとした。


厚労省の資料を基に作成
※クリックで拡大


◎厚労省のホームページ


ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部 敦賀陽平】

この記事を印刷する

スキルアップにつながる!おすすめ記事

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • 健康と笑顔をつくる3時間リハビリ型デイサービス
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載
  • 食事でお悩みのご利用者に。少量でしっかり栄養補給
  • 尿臭、食べこぼしのシミ…介護のお洗濯の悩みを解決!
  • ケアマネに必要な高齢者への「食事」の支援方法
  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください

広告掲載・マーケティング支援に関するお問い合わせはこちら >>

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます