ケアマネ川柳 > ケアマネ川柳大賞 > 第13期ケアマネ川柳大賞

ケアマネ川柳大賞

皆様からご投稿頂いた中から、大賞、優秀賞、審査員賞、佳作を選考させていただきました。ご投稿頂いた会員の皆様に御礼を申し上げるとともに、
今後もケアマネ川柳に、ご投稿頂けますようお願い申しあげます。

第13期ケアマネ川柳大賞

ケアマネジメントオンラインでは、「第13期ケアマネ川柳大賞」の大賞以下、各賞入選作品を決定いたしました。「ケアマネ川柳」は、日常のケアマネ業務で起こる何気ない出来事などをユーモアと風刺のセンスで表現していただきたく、ケマネジメント・オンラインの会員様であれば、どなたでも参加できるコーナーです。
「第13期ケアマネ川柳」は、2012年2月6日~2012年8月2日までにご投稿いただいた1,345句の作品から、大賞、優秀賞、審査員賞、佳作を選考させていただきました。
ご投稿いただいた会員の皆さまにお礼を申し上げるとともに、現在開催中の第14期にご投稿下さいますようお願い申し上げます。

大賞3000ポイント

ひ孫見て 欲が出たのよ 長生きの (544538 さん)
  • [受賞者のコメント]
  • ひ孫は孫よりもまた一段とかわいく思えたのか、ランドセルを購入するまで頑張りたいと話される利用者さんの会話を川柳にしました。

優秀賞2000ポイント

同窓会 見栄張るために リハ励む (むーさん さん)
  • [受賞者のコメント]
  • 『故郷で同窓会があるんだ。座敷だからねぇ、一人だけ椅子に座るんでは恰好がつかないよ。』ご本人の言葉でした。通所リハビリのPTさん、看護師さん、介護職員さん、奥様…たくさんの人たちと目標に向かい頑張っておられていました。そして見事に目標達成。『いくつになってもチャレンジ!!』を教えてくれた利用者さんです。受賞、とても嬉しいです。ありがとうございました。
腰痛も 孫の抱っこは 別物だ (19640920 さん)
  • [受賞者のコメント]
  • 訪問先の利用者さん宅で、日々腰にシップ薬をはり腰をかがめて生活されているのに、孫を抱っこするときは痛みも飛んで、腰も真っ直ぐ!モニタリングして、驚きの連続です。でも、頑張ってる利用者さんが素敵で応援したくなります。

審査員賞1000ポイント

じじと孫 二つ並んだ 紙パンツ (nvv90mi937 さん)
  • [受賞者のコメント]
  • おじいちゃんのデッカイ紙パンツとベイビーのちっちゃい紙パンツが並んで用意されている光景が、なんともユーモラス。
    でも、育児と介護が一度に押し寄せ、人生で最も目まぐるしい日々だったね、と笑って言える時が来るよ。
化粧して イケメンヘルパー 待ちわびる (nawanawaさん)
  • [受賞者のコメント]
  • 年をとってもウキウキ、ドキドキ…最近生き生きされています。ヘルパーさんの存在自体が生きる希望となっています。男性ヘルパーさん、頑張って!

佳作500ポイント

思いやり 老老介護の その姿 (蒼空 さん)
  • [受賞者のコメント]
  • 第三者からみると、つい手を出したくなるものですが、ご夫婦にとっては、特に困っていないことが多々あるように思います。
    ご夫婦の関係性やほのぼのとしたその暮らしぶりを微笑ましく見守ることも必要かな、と思った一場面でした。
入所して 分かった嫁の ありがたさ (hanshinfan さん)
  • [受賞者のコメント]
  • これは実際の利用者が入所して数か月で言われた言葉です。
    一緒にいると喧嘩ばかりだったのに、離れると寂しい…あの人は私の為によくやってくれていたのだなあ…と。でも、今は毎週面会に来て、とっても良い嫁姑関係です。
寂しいと 言えない独居の その背中。 (motoking さん)
  • [受賞者のコメント]
  • 佳作をいただき本当にうれしいです。
    ケアマネとして色々な人との関りがあり本当に毎日学ばせてもらっている状況です。
    中には「なんで?」と感じる事もありますが、自分のできる範囲で満足する必要があって、他人の考えをわざわざ変える必要はないんだと思います。今後もたくさんの経験をして大好きなこの仕事をずっと続けていきたいです。
さあ仕事 まずはクイズだ オンライン (mabuyoshi さん)
  • [受賞者のコメント]
  • いつもの習慣でパソコン立ち上げるとすぐにケアマネジメント・オンラインを見ています。クイズに取り掛かってから仕事をすると、やる気が増すんです。
ばあちゃんと 過ごした思い出 ケアに活き (jiji13 さん)
  • [受賞者のコメント]
  • いつも「自分が家族だったら、何ができるだろう?どうしてあげたいだろう?何が幸せだろう?」と、家族の思いに寄り添いたいとき、身内での経験を思い出すこともしばしばですが、それとは別に、年寄りを慕う幼子を見ては、「この子の経験もいつかケアの道で活かしてくれるかもしれない」と思いを重ね、この川柳になりました。

<< 前のページへ戻る

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

お知らせ

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
SSLとは?