<原因毒を抑制>アルツハイマー病の治療戦略につながる光触媒を開発――東京大学


2013/12/16 17:00 配信   | 業界ニュース

東京大学は、12月5日、 大学院薬学系研究科金井求教授、相馬洋平特任研究員(グループリーダー)、谷口敦彦特任研究員らの研究グループが、アルツハイマー病の発症に関与するとされるアミロイドβペプチド(Aβ)のみを選択的に酸化する光触媒を開発し、Aβの凝集性および神経毒性を抑えることに成功したと発表した。

ア...[記事全文を表示する]

スキルアップにつながる!おすすめ記事

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載
  • 介護報酬・診療報酬の改定を読み解くためのヒントをお届け
  • 介護業界の“旬の話題”について、専門家が解説
  • 住まいに関する悩みをお持ちのご利用者はいませんか?
  • 知っておきたい高齢者の食事講座
  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます