レム睡眠の作用を解明、アルツハイマー病との関連を示唆―筑波大学ほか


2015/10/27 12:00 配信   | 業界ニュース

10月23日、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の林悠助教らと理化学研究所脳科学総合研究センターの糸原重美チームリーダーらの共同研究グループは、レム睡眠が脳の発達や学習に寄与する可能性があることを発見したと発表した。

脳の活動状態は主に、「覚醒」「レム睡眠」「ノンレム睡眠」の3つに分けられ、夢は主に...[記事全文を表示する]

スキルアップにつながる!おすすめ記事

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載
  • 知っておきたい高齢者の食事講座
  • 住まいに関する悩みをお持ちのご利用者はいませんか?
  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供
  • 介護業界の“旬の話題”について、専門家が解説
  • 介護報酬・診療報酬の改定を読み解くためのヒントをお届け

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます